- ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

自動車保険料率改定で保険料が激変~特約毎の値上げと値下げの見積額を検証!

 
自動車保険更新

さて今年も自動車保険(任意保険)の更新を知らせる封書が届きました。

自動車保険の更新はもうお済でしょうか?何も考えず継続手続きだけで済ませていませんか?2019年以降、ただ単に同じ保険会社で更新だけしている方は、たぶん保険掛け金を損をしているかも知れませんよ。

実は自動車保険料は2019年1月に行われた自動車保険料率改定で、各保険会社によって保険料が大幅に変わっています。(私も今回の更新で始めて知りました)

この保険料率改定からまだ日が浅いので、世間にはその損得があまり認知されていないようですが、改定内容と特約掛け金が前年とは打って変わっています。

そのお陰か、2019年1月に改定された保険料水準は、”全体の8割の方が保険料が下がる!”と言われています。

その損得を知るためには料率改定後に合わせて、更新する際にもう一度各保険会社に見積もりを取って確認する必要があります。(前年とまったく内容が違うからです)

いちいち保険会社各社に見積もりを取るの?・・・確かに面倒くさいですよね。

私はそれが面倒なので、毎年、自動車保険会社数社から見積もりが一括で取れる自動車保険一括見積もりサイトを使って、保険会社各社の見積もりを比較して、一番安いところで更新しています。

今回のお題は、2019年改定における料率内容と、新料率でお得に自動車保険を更新するやり方についてご説明します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

運転免許証自主返納!自主返納すべきかどうかを判断するために行う2つの確認方法

 
免許証返納

最近、高齢者ドライバー(70歳以上)によるアクセルとブレーキの踏み間違いや、逆送による交通事故がTVで毎日報道されていますよね。

内閣府の「平成28年高齢運転者による死亡事故の発生状況」によると、75歳以上の運転者の交通死亡事故件数が大幅に増えており、世代別免許所有人口の約2倍の事故率で推移しています。

交通事故は絶対に起きるもの!減らない高齢者による死亡事故が増えているなかで、今世間で騒がれているのが「運転免許証の自主返納」です。

こういった運転ミスによる交通事故は必ず他人を巻き込んでしまいますので、誰でも運転技術が劣ってくれば自主返納も至仕方のない話です。

が、ただ公共交通機関に頼れない地域に住んでいる方にとってこれはどうでしょう。

タダでも足のない地域で生活されている方にとって、これは死活問題です。

認知症や痴呆と判断された方ならすぐにでも自主返納するべきでしょうが、そうでない方は、まず運転免許証の自主返納をする前に、自分の運転が安全なのか!咄嗟の出来事に対処できるのかどうか!を確かめてからご判断されても良いと思います。

いくら高齢と言っても、しっかりと交通判断できる方はいますからね。

今回のお題は、自分の運転がどれだけヘタになっているか!注意散漫なのか!どれだけ危険なのか!を判断するための2つの方法についてご紹介させていただきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームセキュリティのデメリット4点と知られていない被害額補償の裏事実

 
ホームセキュリティ

今や「ホームセキュリティ」に加入している件数は250万世帯とも言われています。

このブログを読んで下さっている方の中で、今まさに「ホームセキュリティ」への加入を検討しているご家庭もあると思います。

このブログでは「ホームセキュリティ」へ加入するメリットを多く取り上げていますが、それは単に加入するデメリットよりメリットの方がはるかに多いからです。

ただ細かい話をすれば、「ホームセキュリティ」には加入するメリットもあれば、少ないとは言え、メリットの裏側に隠れているデメリットもあります。

もし「ホームセキュリティ」に加入するのでしたら、加入前にこれらの良い面と悪い面を知っておくと、契約時にいろいろと質問しやすいと思います。

「ホームセキュリティ」とは言え100%万能ではないですし、どの家でも以下に述べるデメリットのせいで被害に遭うリスクがあるのです。


    §:目 次
  1. ホームセキュリティの裏に隠されたデメリット4点!
  2. ホームセキュリティのデメリット:センサーの誤作動が多い!
  3. ホームセキュリティのデメリット:警備員到着時間に疑問!
  4. ホームセキュリティのデメリット:警備員は警察ではない!
  5. ホームセキュリティのデメリット:被害補償の問題!
  6. ホームセキュリティ加入のデメリット!(まとめ)



このエントリーをはてなブックマークに追加

リレーアタック車両盗難対策!スマートキー電波を遮断するカーセキュリティグッズ

 
リレーアタック

一頃、自動車盗難事件が頻繁に起きていた時期がありました。
バイクも同じですが、それがここ数年、車両盗難件数がガタっと減ってきています。

車両に取り付けられたイモビライザーの効果もありますが、スマートキー(ドアに触れるだけでロック解除されるもの)の普及もあって、平成15年に64,223件発生していたものが、平成29年ではその1/6の10,213件にまで減ってきています。

今までの窃盗手口が通用せずやれやれ!といった感じですが、残念ながらここに来てまた新手の手口が横行し始めて、もう多くの方がこの手口で車両盗難被害に遭っています。

この新たな車両窃盗手口は「リレーアタック」と呼ばれるものです。

車のドアを開け閉めするスマートキーから出される微弱な電波を拾って、ドアロックを解除して車を持ち去る!といった手口です。

ここまでやるか!って感じですが、やはり出所は中国みたいです。

今回のお題は、この新手の車両窃盗の手口「リレーアタック」とは何か!という点と、このリレーアタック被害にあわないための対応策は何か!についてご紹介します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコン室外機盗難時の金銭的対処方法~火災保険で保険金が全額下りないケース!

 
火災保険

先日このブログで、友人が連休中の旅行から帰ってきたら、家の裏に設置していたエアコンの室外機が「空き巣」に盗まれていた!という記事を書いています。

最初話を聞いたときは思わず笑ってしまいましたが、今でもエアコン室外機が盗難にあった!という話はよく聞きますよね。

エアコン室外機は屋外設置ですから盗難に遭いやすい。でも守りにくい!という厄介なものです。

さて友人のエアコン被害ですが、このまま盗まれたまま身銭を切ってエアコンを買い換えるだけだと、だたの盗まれ損です。

ちょっと面白くないですよね。なので今回の記事は、加入している火災保険の共済金(保険金)を使って、エアコンを無償で取り替える方法と手続きについてご紹介します。

ただし火災保険会社によっては、エアコン室外機を共済金支払いの対象外としていたり、経年劣化による”時価額!”で支払ったりする会社もありますのでご注意ください。




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事

ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop