ネットショップで”パチもん(偽物)”を見分ける方法!クチコミ数と星の数偽装編

Byko1ro

ネット商品購入の注意点

今はもう当たり前となったECサイト経由でのネット商品購入!
あなたはネットで商品を購入する際に、何も疑わずただ”わーい安い!”というだけの理由で商品を選んでいませんか?

私もECサイトのAmazonや楽天市場、yahooショッピングのいずれかで購入しますが、私がネットで欲しい商品があるときは、まず初めにそのネットショップや商品の”クチコミと星の数!”を必ず見ることにしています。

なぜ見るのか?・・・クチコミと星の数の多さにどこまで信憑性があるのでしょうかね! 
この数の多さに違和感を覚えたことはありませんか?

その違和感が現実となった話があって、私が最近ネットで商品を購入する際に、ネットショップ側から”おいウソだろ!”と思うようなことがカート内に書かれていたことがあります。

詳しい話は後ほどしますが、これって言い換えれば”クチコミ操作、捏造と言う名の犯罪!”に近いような話ですよ。

今回のお題は、ネット上での”クチコミ操作、捏造と言う名の犯罪!”の内容と、ネットで商品を購入する前に必ず確認する、クチコミ数と星の数の信憑性についてご紹介します。


スポンサー検索


ECサイトには”パチもん(偽物)”がごろごろ転がっている!


今やAmazonや楽天市場、yahooショッピングといった巨大ECサイトのおかげで、ネット市場にはないものがないほど商品が出回っていますよね。

この3つのECサイトに同じネットショップがマーケットプレイス的なショップ登録をしていて、それでいて各ECサイトで値段が大幅に違っていたり、しかもクチコミ数や星の数もバラバラなネットショップもあります。

安売りネットショップ購入したい商品が誰でも知っている化粧品であったり、コカ・コーラといった飲料であれば、商品名で特定できるので、こういったネットショップでもまず”パチもん(偽物)”を掴まされることはないです。

どこのECサイトで買ってもほとんど大丈夫だし、むしろ安い方が良いです。

ただ問題なのが”防犯グッズ!”みたいに、一般の人に知られていないような中国製商品だと、ECサイトとは言え、最悪”パチもん(偽物)!”を掴まされる危険性があるのです。

ネットショップでパチもん(偽物)が多い商品の代表格!


ちなみに”パチもん(偽物)!”で有名なのが、家電製品やパソコン関係の破格値商品・・・やっぱ安く売られている電気製品に多いですよね!

一部の白物家電やオーディオ物、パソコン増設メモリー、SSD、グラボ、SDカードといったものに多く、不具合が出るのはほとんどが中国製で知らないメーカーのものです。

私も実際に3万円もする”パチもん!”を掴まされています!Amazonマーケットプレイス保証で全額戻りましたが、商品の値段の安さだけで飛びつくとこういった目に遭います。

まー”防犯グッズ!”なんかは、ECサイトでの値段もせいぜい2,000円前後ですから、”パチもんを掴まされた!”となっても諦めがつきますが、これが健康グッズなど高額商品になってくれば話は違ってきますよね。

ネットショップの商品は”買ってみなけりゃ分からない!”といったものがほとんどですから、そのショップと商品の信頼性の指標となるのは、誰でも”ショップと商品に寄せられたクチコミと星の数の多さ!”になります。

だけど、ここが騙されてはいけないパチもんポイントなんです!

知らない方への助言ですが、この”クチコミ数と星の数!”の多さの裏には、”クチコミ操作、捏造と言う名の犯罪!”に近いようなことをやって人を集めているネットショップもあるのです。

以下にネットショップのカート内に書かれていた、”クチコミ捏造依頼?”とも取れる内容をご紹介します。

ネットショップのクチコミ捏造依頼のほとんどはカートの中!


これって、たぶん私だけに限ったものではなくて、これに思い当たる方も多いと思います。

先週、あるECサイト経由でネットショップから”PCメガネ”を購入したのですが、購入する前にクチコミを見ると、何と1,000件を超えているんですよね。もちろん星は5つです。

メーカー直販ではないにしろ、まー知っているメーカーだし!ってことで購入しようと買い物かご(カート)の中を見たら、笑えることに以下のようなことが書かれていました。

ここまでやるか!やり方が汚いネットショップのクチコミ偽装


商品購入ありがとうございます。
クチコミを投稿していただくとオプション品(〇〇円相当)をサービスしますのでよろしくお願いします。

よろしく!って何?・・・これって正当な取引なんでしょうかね?(笑)

私の場合、PCメガネケースとレンズ拭き、ネジ止めミニドライバーがオプション(500円くらい)で売られていましたが、このネットショップの場合、クチコミを投稿するとそのオプション代がタダになる!ってわけです。

ふ~ん・・・これってネットショップ側もずるいやり方ですよね!

これをカート内ではなく、商品説明のところに書くと”クチコミ誘導!”がバレるし、ECサイト側からも目を付けられるわけですから、購買意欲のある方しか見ないカートの中にこのクチコミ誘導が書かれているわけです。

もうお分かりですよね!特定のネットショップのクチコミ数が1,000を超えている理由が!

たかが”PCメガネ”ごときで、クチコミが1,000以上も集まると思いますか?

購入者の多くは商品どうのこうのではなく、このオプションサービスが魅力なのでクチコミを投稿しているわけで、しかも”オプション品タダ!”となれば、誰もクチコミには悪いことは書かないし、やはり高めの星を付けますよね。

今のネットショップは星の数毎にクチコミが見れるのですが、こういった裏工作をやっているネットショップの星1の数なんてホンの数えるほどしかないし、ほとんどが星5つで良いことしか書いていません。

私はこのネットショップからは買いませんでした。売っているネットショップの連絡先が+86だったから。

あなたならこの異常すぎるクチコミ数と星の数を見て、そのネットショップが真っ当な商売をしていると思いますか?

ここなんですよ!ネットショップの商品の品質と、クチコミ数や星の数とが比例しないのが!

結局、こういったクチコミの裏側を知らず、ただクチコミ数と星の数だけを信じて購入する方が一番痛い目をみるわけです。

パチもん見分の方法!クチコミ数と星の数偽装編(まとめ)


しかしよくもまーネットショップでこんなクチコミ操作ができるもんだ!と思います。

でもこれって中身を見ると、日本企業ではほとんど見られず、マーケットプレイスなどで商品を出品している中国企業に多いように思います。

説明文が日本語片言文字ですし、ショップ連絡先を調べても、電話番号が+86(中国の国番号)で始まっていますからね。

ネットショップは自由競争ですから、これは犯罪!とは言えないでしょうが、この事実を知っている方なら、決してこういった裏工作とも取れるネットショップからは買いたくない!と思いますよね。

ネットショップで商品を購入するときには、クチコミ数や星の数を指標にしてはいけない!ということです。

Comments 0

There are no comments yet.