自転車に乗る際に気をつける改正道路交通法の重み~違反警告が先か赤切符が先か! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

自転車に乗る際に気をつける改正道路交通法の重み~違反警告が先か赤切符が先か!

 
自転車交通違反

最近の自転車の運転マナー(交通違反)には目に余るものがありますよね。この運転マナーの悪さでちょっとした自転車トラブルに巻き込まれた方もいるのではないでしょうか。

もう忘れている方も多いでしょうが、心無い自転車走行による接触事故や死亡事故が多発していることを鑑みて、2015年6月1日に国が道路交通法を改正して、自転車の交通取締りを強化したのを覚えていますか?

危ないですが、自転車の左側車道走行が義務化されたのもこの改正によるものです。

この改正道路交通法によって、今まで自転車に乗っていておまわりさんに捕まっても「ごめんなさい!」で済んでいたものが、この改正後からは悪質なものに対して罰金を科したり、「自転車運転者講習」への参加を義務付けるなどの措置が取られるようになりました。

罰金は交通違反の反則金(青切符)と違って「前科」が付きますので、警察の前科リストにしっかりと記載されてしまいます。

今回のお題は、毎日何気に乗っている自転車について、「検挙されて当たり前の行為」とその適用範囲、「罰金額」についてお話します。



  老若男女、世代関係なく交通ルールを守らない人はいつまでも守らないのが現実!

<スポンサーリンク>


運転マナー(交通違反)が悪い世代は若者世代に多いのかと思っていましたが、そうでもなさそうですね。

街では幼い子供を自転車の前後に乗せて、タダでも危なっかしいのに平気で信号無視したり、後ろも見ないで無理な横断をしている主婦さんをよく見掛けます。

老若男女、世代関係なく交通ルールを守らない人はいつまでも守らないのが現実です。
通行人とぶつかって何かあれば一発前科が付くし、損害賠償の話もあるしで大変なことなのに、この自転車による交通違反を甘く見すぎている方が世に溢れ返っています。




自転車による交通事故と言えば、私もこの自転車による交通違反で夜間に一度体当たりされていますからね。

足に擦り傷はできるは、胸はボクサーからパンチを受けたような痛みでホント痛かったですよ。しかも相手は無灯火でしたからね。

私の自転車事故に遭った原因は、相手(女子大生)が夜間に「ながらスマホ」しながら自転車に乗っていて、前方不注意でもろに私に突っ込んだって感じです。

そう言えばこのとき頭にきて、この事故を記事にしていました。
女子大生の謝りもしない態度にカチンときて、”警察に行こう!”って脅した?って記事ですが、違反に対して自意識がない行動には、こういった脅しも必要なんですよ^^;。

参考記事:
危険意識が足りない「ながらスマホ」で事故を起こした場合の判例と責任の所在!

今こんなことしたら、ヘタすると現行犯逮捕されるかも知れませんよ!
自転車に乗って人にぶつけたら、立派な人身事故として扱われますから。




自転車は道路交通法上「軽車両」で車両ですから、やってしまってからの後悔は自動車だって自転車だって同じようなものです。


  改正道路交通法による自転車交通違反の罰則と義務!

2015年6月1日の改正道路交通法で、今までと大きく変わったものがあります。

自動車の交通違反と同じように、自転車とは言え、車と同じように違反すると”切符を切られる!”ように改正されています。




自転車走行での交通違反切符には2種類あります。
これは今までにはないものでしたが、かなりの方がこの違反切符をもらっているようですし、私の会社の部下も何枚か貰っています。(笑)

以降にこの2つの違反切符についてご説明します。

  自転車指導警告カードと違反切符(赤切符)の違い!


  • 自転車指導警告カード
    正式にはこの自転車指導警告カードは違反切符ではありません。
    自転車指導警告カードは違反の内容が記載された黄色い用紙のものですが、このカードの目的は違反に対して注意を促すことを目的としています。

    ただこの違反記録は残りますから、この切符を何枚もらっても大丈夫!とは思わないことです。

    自転車の運転に関し、一定の違反行為を3年以内に2回以上行った者に対しては、「自転車運転者講習」の受講が義務付けられますから。

    なお対象年齢は14歳以上になります。

  • 違反切符(赤切符)
    この違反切符(赤切符)は、違反時に受ける警察官の指導を無視したり、現場逃亡といった”悪質と判断された!”場合に切られます。

    もちろんこの段階で「前科者」になっていますから、刑事上の責任を問われ略式起訴されることになります。(マジですよ)

    それに罰金の支払いと「自転車運転者講習」への参加が義務付けられます。

ちなみに、「自転車運転者講習」の受講時間・手数料は長いし高いです。
自動車運転免許の更新でさえ3,000円なのに、みっちり3時間講習を受けて手数料は6,000円も掛かります。

それにこの講習を受ける期間も決められています。
自転車運転者講習受講命令書交付後、3ヶ月以内に自転車運転者講習を受講することが義務付けられていますし、この講習を受けないとさらに「5万円以下の罰金」が科せられることになります。

以降に「自転車交通違反に係る罰則!」を載せますが、これ以外にも各都道府県で独自の条例を作って取り締まり行為の対象を広げていますので、詳しくは各管轄警察署のHPを確認してみてください。

  自転車交通違反に係る罰則!

自転車交通違反に係る罰則!
  1. 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
    :酒酔い運転、麻薬等運転
  2. 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
    過労運転
  3. 1年以下の懲役又は10万円以下の罰金
    :轢き逃げ、当て逃げ、負傷者救護義務違反
  4. 3ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金
    :速度超過
  5. 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)
    :信号無視、通行禁止違反、歩行者用道路における徐行違反、追越禁止場所における追越違反
    踏切一時停止違反・遮断踏切立ち入り、横断歩道等における横断歩行者等妨害
    徐行場所における徐行違反、一時停止違反、安全運転義務違反
  6. 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)
    :警察官現場指示違反・警察官通行禁止制限違反、急ブレーキ禁止違反
    通行区分違反、歩行者側方安全間隔不保持、(法定)横断禁止違反、追越方法違反
    優先道路通行車妨害・交差点安全進行義務違反、交差点における横断歩行者妨害
    幼児等通行妨害、交通事故報告義務違反
  7. 5万円以下の罰金(過失罰あり)
    :通行帯違反、(指定)横断禁止違反、無灯火、合図不履行・合図制限違反
    警音器吹鳴義務違反、ブレーキなし自転車
  8. 5万円以下の罰金(過失罰なし)
    :車間距離不保持、進路変更禁止違反、追い付かれた車両の義務違反
    交差点優先車妨害(左方優先違反)、自転車の検査拒否等
    泥はね運転、公安委員会遵守事項違反、乗車方法違反(座席以外への乗車)
    交通事故現場からの無断立去
  9. 2万円以下の罰金又は科料
    :自転車の通行方法指示違反、路側帯の歩行者妨害、並進違反
    道路外出左折方法違反、交差点右左折方法違反、自転車道の通行区分違反
    歩道の歩行者妨害等、警音器使用制限違反、公安委員会乗車積載制限等違反

出展:公益社団法人自転車道路交通法研究会


・・・
一発赤切符をもらった方の話によると、”ながらスマホをしながら信号無視!”をすると一発で赤切符行きだそうですので、注意・・・ではないか、絶対にしないようにしてください。

忘れかけている「改正道路交通法」
今一度思い出して、改めるところは改めて自転車に乗るようにしてください。
自転車といえど「軽車両」ですし、おまわりさんはあなたの行動を見ていますから。


<スポンサーリンク>




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/243-7f92737b


ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop