落雷でエアコンが壊れたときに私が取った行動~火災保険の必要性は突然やってくる - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

落雷でエアコンが壊れたときに私が取った行動~火災保険の必要性は突然やってくる

 
火災保険

今年の8月に東京を襲った”強風豪雨を伴う落雷”で、我が家の家財も被害を受けました。

落雷の影響で家のまわり全体が停電し、その後、電気が復旧し”やれやれ”と思っていた矢先に、「エアコン」のスイッチを入れてもウンともスンとも言わなくなりました。

回復後、他の家電は無事に復旧!別の部屋のエアコン数台も無事でしたが、私の寝室のエアコンだけ、エアコンパネルの電源スイッチが点滅してまったく起動してくれない・・・。

原因は間違いなく「落雷停電」によるもの!

このままだと修理代が自費になるので、加入している「火災保険会社」にその旨を連絡し、現在保険金申請手続きを進めています

この「落雷による家財保険」・・・果たして我が家は火災保険会社の審査を無事に通過して、保険金受け取りができるのでしょうか



この猛暑日が続く中、落雷でエアコンが壊れた!

我が家の「エアコン」が壊れた状況は以下のような感じです。

8月中旬に東京では珍しく激しい落雷がありました。

時刻は夕方!”遠くで雷が鳴っているなー”って感じで外を見たら、かなり先に真っ黒な雲があって、それが段々と我が家の方に近付いてきていました。

雷

”このままだと我が家を直撃するね、ハハハー!”って笑って見ていましたが、家の中に居るとはいえ、雷雲が我が家の上空にきたときには正直笑えるようなものではありませんでした。

大の大人でもこの雷は怖いよぅ・・・
ガラにもなくそう思いましたね。

それにしてもこの雷雲の移動がものすごく早い!

遠くにあったはずなのに10分もしたら我が家の上空に来て、そのうち我が家の上空でジャンジャンバリバリと雷を落とし始めたのです。

詳しく雷雲を観察すると雲の位置がかなり低く、しかも雷が鳴るサイクルも20秒程度に1回(早過ぎる)。

雷雲が低い分、雷の音は耳を塞ぎたくなるようなかなりの大きさ!・・・

その間10分程度でしたが、雷雲が近付いてきてから5分後に周囲がいきなり停電!
雷の通過(と言っても遠くに離れただけ)後、電源が回復。停電から回復までの時間は5分くらいしかありませんでした。

電源回復後、電気(明かり)は自然と灯きましたが、リモコンで操作する家電はもう一度スイッチを入れる必要があるので、エアコンのスイッチを入れてみました。

エアコンの電源が入りません・・・・。


落雷後エアコンが起動せずウンともスンとも言わない!

雷雲通過後、電気回復後、そこからエアコンがウンともスンとも言わない!

エアコン室内機のパネルを開けて自動運転にしても動かず、エアコンパネルの通電ランプが怪しげに点滅していて、明らかに”壊れましたよ!”っていうサインを送っている状況です。

さて困った!時は夏場の猛暑が毎日続く時期。
この時期、昼夜問わずエアコンなしではとてもとても過ごせるものではありませんよね。

そこで我が家を建てた(我が家は一戸建てです)の工務店に連絡し、次の日に電気屋さんに故障した「エアコン」を見てもらいました。

が、診断器(回路を確認する器械)を室外機に接続しても、アンサーバックが帰ってこず診断すらできない状態でした。

さてこのエアコン!どうなるの?・・・。


エアコン診断!電気工事屋さんから言われた悲しい現実

エアコン点検後、電気工事屋さん曰く、

<このエアコンは修理不能に近い状態です!>
  • 診断器がまったく反応しないし、アンサーも返ってこない状態です。
    診断もできない状態なので、エアコンのどこが壊れているか特定できません。
  • 室外機の基盤を取り替えるにしてもどの基盤が壊れているか分からないので、ひとつひとつ取り替えてみて確認するしかありませんし、それで直る保障もありません。
  • 壊れたエアコンを修理するにしても、この連日繰り返される猛暑で修理依頼が多いので、仮に修理できたとしても部品注文などのタイムラグもあり、早くても一ヵ月後になります。
    このあたりはメーカーの部品供給の状況に左右されます。
  • 修理に要した基盤などの代金は、エアコンが直らない場合でも請求となります。

・・・再度書きますが、今の時期はこれまでにない猛暑日の連続!

もうこの段階・説明でのエアコン破損状況は致命的で、私に与えられた選択肢はほとんどありません。そう・・・状況を考えると選択肢はエアコンの取替えしかありませんよね。

もう修理は諦めて近くの家電量販店へ出向き、すぐさま新しいエアコンを購入してしまいました。


更なる問題!猛暑続きで工事の予定が立たない!!

がっ!ここでも問題。

エアコン本体は在庫もあるので問題がないのですが、問題はエアコン工事がいつできるのか?ということです。

エアコン工事は、まず最初に工事費の見積もりを取ってから本工事に掛かる2段構えです。

工事見積もりは今の時期早くて1週間後、取り付け工事は依頼を請けてから約2週間後くらいになると言われ、それも側近にならないと確定日は決まらないとのことです。

これが今年の猛暑がもたらしているエアコン工事の現実です。

この猛暑と雷被害の連続で工事業者が足りていない!もう9月までバッチリ工事の予定が入っているそうです。

どこの家電量販店でも同じことを言われたので、仕方なくこれを受けて8月後半に工事費の見積もりを取り、なし崩しにOKを出して2週間後に工事してもらうことになりました。

エアコン本体購入代金は約10万円、設置工事費は電源確保と配線などで約8万円。
実に今回のたった1回の落雷被害で20万円近い出費が必要になったわけです。

もうお金はいい。1日も早く早く取り付けてくれ!・・・。


ふと気がついた火災保険への保険金申請!

この出費は非常に痛い・・・。

まー仕方ない!暑さには勝てないし冬場はもっと困ると思い、新しく付けるエアコンの設置位置を見直している最中にふと・・・

”あれ?火災保険があるじゃん!”






火災保険の見直しで家計を節約


火災保険って火災時の補償ってイメージが強いですが、よくよく考えると火災保険って火災のほか、落雷、破裂、爆発、雪災、風災、漏水、盗難などでも条件が揃えば保険金が下りることをすっかり忘れていました。

火災保険契約

火災保険は自動車保険と違ってあまり使われない地味な保険ですが、絶対になくてはならない保険です。

ただ普段あまり使われることのない保険なのでついつい忘れがちですよね。

我ながら良く気が付いたと思います。

もしかすると火災保険が適用できるかも知れないと思い、膳は急げで加入している火災保険会社に早速連絡して事情を聞いてみました。

以降、火災保険会社担当者とのやり取りです。

  • 私:8月中旬に起きた落雷で直後にエアコンが壊れましたが、契約約款では落雷は保険金の対象となっているので保険金受け取りの申請をしたい。
  • 保険会社:分かりました。状況をお知らせください。
  • 私:・・・上で書いていることを懇々と説明。
  • 保険会社:内容と被害状況は分かりました。
    ○○様(私)の契約の中に「落雷、破裂、爆発」に関する契約が付加されているので補償の対象となります。
    必要となる書類を本日送付するので、記入後、返送していただければ書類審査に入ります。
  • 私:書類審査?壊れた状況を見に来るわけではないのですか?
  • 保険会社:はい。書類のみ審査となりますが、状況によっては現地に赴きます。
  • 私:審査書類とはどんなものですか?
  • 保険会社:送付する①「共済金支払い請求書兼同意書」、②「承諾書」、③「落雷被害修理費用明細書兼落雷被害証明書」、④「損害品の写真」の4点です。
    なお、③「落雷被害修理費用明細書兼落雷被害証明書」はご自分で作成することもできますが、できれば調査した専門業者にお願いすると審査も通りやすいです。

その後、保険会社から送られてきた書類リストが↓これです。


火災保険





火災保険の見直しで家計を節約


実際に今回の落雷で保険金申請をした記事をUPしていますので、こちら↓も参考にしてください。

参考記事:
>>火災保険活用法:誰でもできる共済金申請書類の上手な書き方と審査通過のノウハウ


火災保険金申請を無料でお願いできる「お家の保険申請センター」の活用を検討してみた!

さて困った!本当に困ったぞ!!

③「落雷被害修理費用明細書兼落雷被害証明書」はやはり自分で作成するには無理があるし、自分で書いたとしても、内容の信憑性・確実性が問われるようなものになってしまいそうです。

ただ、そのときにふと思ったのが「お家の保険相談センター」の存在。


300226kasaihoken1T.jpg


>>「お家の保険申請センター」公式サイトはこちら!

基本、火災保険の保険金申請は契約者が行うことになっていますが、契約者個人にこういった③「落雷被害修理費用明細書兼落雷被害証明書」のような書類がそう簡単に作れるわけではありません。

ただ、こういった書類作成のお手伝いを無料でやってもらえる「お家の保険相談センター」などのサービスにお願いすれば、提出する申請書も無料で作ってもらえるし、アドバイスも受けられるので保険会社への説得力もグーンと上がり、審査にも通りやすくなるはずです。

この「お家の保険相談センター」では天災や風災、雪害など、火災保険契約に関するすべてのものを無料で調査してもらえ、書類作成のお手伝いやアドバイスをしてくれるサービスを行っています。

今回、私は急を要するので、エアコンの故障を診断してくれた電気工事屋さんに無償で書いてもらうことになりましたが、普通はこの書類作成には費用が発生します。

私は家を建てたときの電気工事屋さんということでタダでしたが、もし私と同じ状況で調査、書類作成に費用が発生するのでしたら、一度「お家の保険相談センター」のホームページを覗いてみてください。

調査費、書類作成等がタダになるかも知れません。

「お家の保険申請センター」のサービス内容は以下の記事で詳しく書いています。

参考記事:
大雪や落雷で家が損傷したときの家屋無料診断サービス~得する保険料の受取り方法





「お家の保険相談センター」の無償サービス!公式サイトはこちら!!

火災保険はせっかく高いお金を支払っているわけですから、上手に活用したいものです。

もし台風や落雷などの自然災害で家が破損したら、「お家の保険相談センター」の存在と、火災保険の活用方法だけは必ず思い出してください。

申請のやり方次第でかなりの金額が保証されるはずです。

火災保険の活用法!参考になさってください。

<スポンサーリンク>




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/229-8241b683


ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop