アルソック「まもるっく」と「ホームセキュリティ」の資料を請求してわかった事 - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

アルソック「まもるっく」と「ホームセキュリティ」の資料を請求してわかった事

 

先日、このブログでアルソックの緊急通報端末「まもるっく」が、ハンズフリーで家族と会話ができるなど、その機能が飛躍的に便利になった記事を書いています。

正直、緊急通報端末は、単にボタンを押すだけで警備員が緊急に駆け付けるだけのものと思っていましたが、ハンズフリーで会話が出来ることを知って、その機能に驚きを隠せませんでした。
そのときに書いた記事がこれ↓です。

「まもるっく」モバイル見守りセキュリティ~通話機能搭載端末の利用シーン!

「まもるっく」は、こんな形をしたものです。

一見、オモチャっぽく見えますが、アルソックのホームページを読むに連れて、”この緊急通報端末はまるで携帯電話と同じだね!”と感心して、思わずこの「まもるっく」の資料をアルソックに請求してしまいました。

どうせ「まもるっく」の無料資料をもらうのだからと、次いでに最新版の「ホームセキュリティ」の資料も同時に請求してみました。
アルソックでは、資料請求する段階で見積もりが取れるのですが、私の場合、以前に見積もりを取っていますので、今回は見積もり依頼を見送り、最新資料だけを請求しました。



  「まもるっく」を詳しく知りたい~資料を請求してみた

私が前回、上の記事を書いたのは、別居している両親の高齢に対する考えからです。
もうかなりの高齢なのですが、かまい過ぎることを嫌うタイプの人間ですし、それでもいつも家族が見守ってやれれば問題ないのですが、そうも出来ないのが現状です。

それに、携帯電話が嫌い(操作が覚えられない)で持ち歩くことをしないので、何かそれに変わる簡単なものはないかと探していたときに、この「まもるっく」を見掛けて、ワンボタン機能とハンズフリー会話ができることに感動したのが始まりです。

その「まもるっく」の資料は、下の広告から申し込みました。


<アルソック「ホームセキュリティ」 アルソック緊急通報端末「まもるっく」>

「まもるっく」と「ホームセキュリティ」の資料請求は、細かい情報入力もなく、2~3分で簡単に請求できました。が、驚いたことに請求した次の日にもう資料が届きました。
ALSOKのまもるっく

さすが”緊急駆け付け!”を謳っているだけあって、素早い対応に感激しました。こういったところに会社の姿勢というのが見え隠れするんですよね。


  「まもるっく」の疑問点をアルソックに尋ねてみた!

請求した資料を下に載せますね。次いでに届いた資料の内容や中身も載せてみます。


届いた資料は↑こんな感じのものです。(結構、資料が多いですし、DVDが入っています)
その内容や中身は↓こういったものでした。

  アルソックから届いた資料一覧!
  • ホームセキュリティ(総合カタログ)
    Web遠隔操作や選べる警備内容、室内空間に溶け込む配置方法、場所別セキュリティ対策方法、警備プランのご説明などが記載。
  • ホームセキュリティ(新築用カタログ)
    上記に加え、これから家を新築される方向けに細かい説明が記載されています。
  • ホームセキュリティ(構成機器一覧)
    セキュリティに必要なすべての機器が載っていて、プランに合わせ自由に選べるようになっています。
  • 緊急通報端末「まもるっく」(見守りサポート一覧)
    料金体系、緊急時のサービスの流れなどが記載されています。
  • 緊急通報端末「まもるっく」(メインカタログ)
    利用シーン、緊急時の対応、料金体系(買取、レンタル等)の内容が詳しく書かれています。
  • アルソック×セゾン自動車火災保険
    「こんな火災保険が欲しかった・・・のカタログ」
    アルソック×セゾン自動車火災保険が共同で行う緊急対応が載っています。
  • セキュリティサービスに関するDVD
    カタログを網羅した「ホームセキュリティ」と「まもるっく」の紹介DVD
  • お知らせ
    「ホームセキュリティ」と「まもるっく」同時加入で、「ホームセキュリティ」の工事費が半額になるという資料。
  • ご挨拶状
    とってもご丁寧なご挨拶状と疑問点などに答えるフリーダイヤル連絡先。

うれしいのが、資料請求と言うと”シツこい勧誘”といったものが気になりますが、そういったことは一切ありませんでした。
・・・と言うより、届いた資料を見て気になっていた”ハンズフリー”について、こちらからフリーダイヤルに電話してしまいました。

その後、アルソックからの電話やメールなどの連絡はありません。アルソックでは、お客様からの自主的なご連絡を優先しているようです。(逆にこれはありがたいことです)

気になっていたハンズフリー会話ですが、質問内容は、”端末同士で相互に連絡(コール)できるのか?”といったものです。

これをアルソックに聞いてみたところ、


ハンズフリー会話は、どこにいても家族の電話と「緊急通報端末」を持ち歩いている方の間で通話可能です。
ただし、家族間では家族から「緊急通報端末」へのコールのみが可能で、その逆はできません。

その他、110番通報、119番通報、118番通報、アルソックへの通話等、登録された番号への通話は緊急通報端末から可能です。


との回答をいただきました。

家族間通話が相互で出来れば尚良いのですが、でも、これだけでも十分な機能を持っていると思っています。
気になるときは、家族側から連絡すればいいだけのことですし、緊急時には本人から110番通報、119番通報、118番通報、アルソックへの通話ができるのですから、機能としては十分だと感じています。

あと、気になる料金体系ですが、これも初期費用を入れても、スマホ(iphone)1台分の購入費用の1/3ほどの費用で利用できることが魅力に思えています。
(月額1,100円から利用可能ですし、GPS検索は何回でも無料!)

しかし、最近の「緊急通報端末」も、この利用料金でここまで出来ればスゴイ!・・・素直にそう感じました。
それと強く感じたことは、この「まもるっく」は、「ホームセキュリティ」と対で利用することで最大の効果を発揮するものだということです。

「ホームセキュリティ」は家の安全しか守れませんが、「まもるっく」は外出先の安全を守るというのが最大の魅力です。

下の記事に「まもるっく」の詳しい情報を書いています。参考になさって下さい。

「まもるっく」モバイル見守りセキュリティ~通話機能搭載端末の利用シーン!


<アルソック「ホームセキュリティ」 アルソック緊急通報端末「まもるっく」>

関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/145-6b9b54f5


ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop