「まもるっく」モバイル見守りセキュリティ~通話機能搭載端末の利用シーン! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

「まもるっく」モバイル見守りセキュリティ~通話機能搭載端末の利用シーン!

 

今、外出時のセキュリティ対策として、GPS機能を搭載した「緊急通報端末」が新たに注目されています。通話機能搭載端末の発達により、今までに無かった緊急時にボタン1つでハンズフリーで家族や警備会社、110番などと直接通話ができるというのが主な要因です。
(*緊急通報端末:GPS機能による居場所確認、瞬時にSOSを警備会社に発信できる装置)

”遊びや塾に出掛けた子供の帰宅が遅い”、”残業で遅く帰宅する娘さんは今どこ?”、”散歩に出掛けたおじいちゃんが朝から見掛けない”・・・こういった経験をされた方も多いのではないでしょうか。特に、朝から行方が分からないご高齢者の場合は一大事です。

ひと昔前は、子供なんかは遊びに出掛けても、暗くなったら勝手に帰ってくるものでしたが、今の時代、子供の誘拐が年間100件以上も発生していますし、ご高齢者の方で、徘徊、行方不明となった件数も1万3千人にも上るほど世間には犯罪や事故が潜んでいます。

気になると解決するまで心配事が続くのが人というものですが、子供やご高齢者の外出先でのセキュリティとして「緊急通報端末」を持たせるだけで、いつでも家族と警備会社が見守ってやれる安心感、傍にいてやれる安心感は、お金には代えられないものがあります。

<緊急通報端末:セコム「ココセコム」 アルソック「まもるっく」>


  利用シーンから自治体が採用した緊急通報端末の貸出!

外出先でのアクシデントは、「ホームセキュリティ」と違って、悪意のある人との接触や迷子など、様々な状況下に置かれるので、子供やお年寄りに取って”自分だけの力で身を守る”というのは、ある意味むずかしいものがあります。

外出先で”身を守る?”と言っても親御さんにはピンと来ないと思いますが、そのピンと来ない感覚は”空き巣被害”を例に取ると、”うちの家は大丈夫!泥棒には入られない!!”と思う思考と良く似ています。(入られてから”しまった!”と後悔するパターンです)

”うちの子の帰りが遅いんだけど、今何しているんだろう”、”おじいちゃんがしばらくいないけど・・・”
こういった話は良くある話ですが、弱者である小学生やご高齢の方にとっては、外界でいつ自分の身が危険に巻き込まれるか分からないわけですから、”空き巣被害”と同様に、そう簡単に受け流せる話ではありません。

そういった過去の犯罪から「緊急通報端末」が世に出されたのですが、利用シーンは以下のようなもので、着目するポイントは弱者救済を目的にしています。

自治体もこういった背景の中で、事の重大さを感じていて、外出先でのセキュリティ対策として、急遽、「緊急通報端末」の貸し出しを始めた自治体も多くあります。

  緊急通報端末貸し出しを行っている主な自治体!
  • 奈良市:ALSOKあんしんケアサポート(地域包括支援センター)
  • 千葉市:高齢者緊急通報システム、見守り情報配信サービス
    (保健福祉局高齢障害部高齢福祉課)
  • 木更津市:ひとり暮らし高齢者等緊急通報装置の貸与(福祉部高齢者福祉課)
  • 勝浦市:緊急通報システムの貸与(介護健康課高齢者支援係)
  • 袖ヶ浦市:緊急通報システムの貸与(高齢者支援課支援班)
  • その他、いすみ市、御宿町等、複数の自治体で実施

ありがたいお話ですが、ただ、この自治体の支援を受けるには色々と条件があります。
例えば、年齢制限!75歳以上で要介護。
日中だけ同居人が不在という場合や、同一敷地内の別棟に家族がいる場合は対象外など。

自治体によって違いますが、状況どうあれ、基本、同居人がいる場合はむずかしそうです。
費用もゼロではありません。緊急通報端末のリース代は自治体が補助し、使用料は個人でというパターンを採用している自治体が多いです。

小学生を対象とした緊急通報端末貸し出しは、米沢市や岩見沢市などに計画があります。
もしご利用をお考えであれば、一度、自治体のHPを確認してみてください。
モデル事業としてやっている自治体も多いので、運よく利用できるかも知れません。

参考:総務省「地域児童見守りシステムモデル事業」


  「緊急通報端末」でできる機能と安心できるポイント

緊急通報端末は、アルソックの「まもるっく」や警備会社のセコムの「ココセコム」などが有名ですが、どちらも、いざというときにボタン1つ押すだけで24時間SOS信号を発信でき、受信した警備会社の警備員が即座に現場に駆け付けて保護するというものです。

家族が内蔵されているGPS機能を使って位置情報を取得したり、緊急通報端末に呼び掛けて、お子さん(おじいちゃん)や警備会社とダイレクトにハンズフリーで会話ができるなど、最近の緊急通報端末は一昔前では考えられなかった色々なことができるようになっています。

左の画像は、アルソックの「まもるっく」ですが、手のひらサイズで縦8.5cm、横5cmで、厚さは1.6cmしかありません。
しかも65gと缶コーヒーの1/3の重さしかありません。

外で使うものなので、非常にコンパクトにできています。
サイズが小型なので、ズボンのポケットや携帯電話みたいに首からぶら下げたり、ズボンのベルトにくっ付けたりと、ジャマにならない大きさとなっています。

この小さい端末ですが、この中にGPS機能やハンズフリー通話機能、110番通報、119番通報、118番通報、アルソックへの直通通話機能が内蔵されています。

また、自動的に異常を通報する”異常通知機能”やヘルスケア機能、万歩計機能なども付いているので、軽い運動やウォーキングなどの健康管理にも役立てることができます。

そしてもう1つの緊急通報端末がセコムの「ココセコム」です。
左の画層のような形をしていますが、縦7.9cm、横4.3cmで、厚さは2.3cmとほぼ「まもるっく」と変わりません。
重さは若干軽くて53gです。

こちらは、セコムへの緊急通報機能のみの仕様となっています。

セコムの「ココセコム」は、リリース時期が2001年4月で、こういった緊急通報端末の中で一番最初に採用したこともあり、今でも一般家庭や様々な自治体で多く採用されています。

一見、アルソックの「まもるっく」に比べるとちょっと見劣りする感がありますが、セコムに言わせると、様々な機能や形を考え抜いて”緊急時に余計な機能は必要ない!”と、シンプルにボタン1つで駆け付ける機能だけというスタイルになったそうです。

これは一理あります!「まもるっく」は発信ボタンを押して発信先(110番通報、119番通報、118番通報、アルソックへの直通通話)を選ぶタイプなので、若干のタイムラグが発生します。
ただ、「まもるっく」のみができる家族や監視センターとのハンズフリー会話は魅力です。
これは今までの緊急通報端末では革命とも言える機能で、携帯電話感覚で頻繁に使える機能です。

この画期的な2つの緊急通報端末ですが、内容が分かりにくいので各端末でできることの詳細を下に載せました。


  緊急通報端末「ココセコム」と「まもるっく」徹底比較


緊急通報端末:
「ココセコム」と「まもるっく」徹底比較

警備会社
セコム株式会社
「ココセコム」
アルソック綜合警備保障
「まもるっく」
<搭載機能>
位置情報確認〇:GPS機能搭載〇:GPS機能搭載
緊急通報〇:ボタン1つでセコム受信〇:ボタン1つでアルソック受信
駆け付け
サービス
〇:緊急信号受信後〇:緊急信号受信後
緊急通報端末
との通話
×:緊急信号受信後、セコム
が家族へ電話で緊急連絡
〇:家族の持つ携帯との通話
(電話対専用端末との会話)
異常検知
システム
×:なし〇:転倒感知や一定時間操作が
ないとアルソックへ自動通報
緊急情報の受信×:なし〇:地震速報、津波情報
などを自動受信
その他の機能×:なし〇:ヘルスケア機能
万歩計機能等
利用料金月額900円から月額1,100円から
追加料金位置情報は月10回まで無料
30回プランで1,900円から
位置確認を何回行っても無料
無料資料請求×:なし
HPのwebのみで内容確認
〇:無料で資料請求ができます
無料請求はまもるっくから!

上の表でおおよその内容がご理解頂けたと思いますが、参考に「まもるっく」と「ココセコム」を紹介した動画を載せてみます。
下の画像をクリックするだけで動画が始まります。(所要時間3分ほど掛かります)

<アルソック(綜合警備保障)「まもるっく」>


<セコム株式会社「ココセコム」>



今までの緊急通報端末は、「何かあったときに使う」という考えでしたが、このアルソックの「まもるっく」は、外出先で携帯電話同様、日常会話や移動連絡といった用途でも使えるものです。(家族の電話からアルソック専用端末(子供やおじいちゃん)への通話のみ可)

”携帯電話を使えばいいだけでは?”と思いますが、緊急時に電源を入れてアドレスを開いて番号を選択して・・・これを携帯電話でやると、どれだけの時間が必要になるでしょう。
携帯電話に不慣れなご高齢の方や子供ではかなりの時間を要するはずです。

それに比べ、高齢者など急に発作が起きて動けないような緊急時にも、ボタン1つで警備会社に連絡できることは、命をつなぐための最短の行動でもあるのです。

命をつなぐための機器!子供の身の安全対策と高齢者の徘徊問題が顕著に表れている現代では、緊急通報端末は欠かせないセキュリティシステムのひとつになっています。

参考になさって下さい。


<緊急通報端末:セコム「ココセコム」 アルソック「まもるっく」>

アルソックの「まもるっく」は、利用方法が書かれている詳しい資料が無料でいただけます。
参考になさって下さい。



関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/143-cf3b03df


ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop