空き巣犯に狙われやすい住宅地とその異常な実態!~その犯罪スポットの場所とは! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

空き巣犯に狙われやすい住宅地とその異常な実態!~その犯罪スポットの場所とは!

 

この土地に根を生やしてもう数年になります。
最初にこの土地に引っ越してきた頃は、ちょぼちょぼと畑や庭木屋さんなどもあって、その環境が気に入ってここに住み始めたのですが、その残された僅かな自然も都市化の波に呑まれ、次から次、あれよあれよと言う間に家が建ち並ぶようになってきました。

このところ街でも”人の数が増えたな”と感じるのですが、人が増え、商業施設も増えれば、それに比例して住民間のイザコザや「空き巣」のような犯罪が増えるのもこれまた世の常!

時代も変わり、新たな商業施設が生まれることで、空き巣犯が狙いそうな”犯罪スポット”も、これまた住んでいる場所場所で常に変わっていくことをご存知でしたか?



新たな商業施設の出現は”犯罪スポット”を量産する!

街に人が集まることは、良い面もあれば悪い面もあります。
地域活性化という点では大歓迎ですが、ただ、先住民としてはそれを手放しで喜べないところもあり、ちょっと複雑な心境になります。

”人が集まる=活性化”となるわけですが、決して良いことばかりではありません。
コンビニなんかがいい例でしょう。

今住んでいる家のすぐ近くにコンビニがポツンとできたとなると、至るところから多くの人が集まって来て、昼夜かまわず人が出入りするので、正直、近隣住民に取ってはいつ何どきでも人の気配が気になって落ち着かないといったところです。

そういった商業施設が徒歩圏内にできることは、今までそこを通らなかった人の流れが自分の家の前を通ることにもなるので、それだけ自分の家の生活レベルや防犯レベルが人目にさらされることになり、今まで以上に防犯強化が求められることにもなります。

今まで人通りも少なくて目立たなかったものが、一旦、表に出されると、例えば”あっ!この家にフェラーリが置いてある”なんて情報は一気にクチコミで広がって、うれしくもない”危険スポット”に登録されてしまうことがままあります。

土地が改変されて商業施設が増えていく過程の中では、人の動線も変わるので致し方ないことですが、こんなつまらないことで自分の家が「空き巣犯」が狙う”犯罪スポット”の一つにされる可能性もあるわけです。

閑静な住宅地の中で犯罪の臭いに気付かされるものと言えば、本来は”音”で嗅ぎ取るのですが、その臭覚が商業施設から出される騒音や、夜遅く家の前の道路をぺちゃくちゃ話しながらコンビニに向かう人の気配に打ち消されて、今まで感じていた”防犯に対する五感”が段々と鈍くなって行くのです。

その五感が鈍っている中で、コンビニに夜間、若者がタムロして騒いだりすると、五感を通り越して怒りさえ感じてしまいます。
また中には、駐車場に止めた車の中で寝ているのか、こっそり家を物色しているのかわからない行動を取る人もいて、近くに住んでいる住民としては、その行動があまりにも怪し過ぎて、正直、利便性どころの話ではなくなっているのです。

新たな商業施設の出現は、一歩間違えば空き巣犯が狙う”新たな犯罪スポット”になってしまうのです。

こういった危ない話もあるのですが、新たな商業施設ができることで一番困っている方は、近くに住む一戸建て住宅の方やマンションに住まわれている方ではないでしょうか?
特に、マンションの1階にテナントがあって、突然、新たにコンビニが入居してきたとなれば、そのマンションの住民の心境も複雑でしょうし、向かいに住む一戸建て住宅の方もあまり良い気はしないと思います。

今まで静かだったものがそうでなくなるし、まず、コンビニ客に四六時中、監視されているイメージが強く、自ずと違う意味での心配が頭を過ぎるはずです。

目の前にある一戸建て住宅やマンションに住む住民の中には、帰宅の遅い娘さんや塾帰りのお子さん、仕事帰りの一人暮らしのOLさんなどもいるので、玄関(エントランス)に入る前にコンビニ客に顔を覚えられる可能性もあるし、”ここに住んでいるんだね!・・・”と探られるのが一番の心配事ではと思います。

誰でも思いますが、その心理は、”いつか「空き巣被害」や犯罪に巻き込まれるのでは?”との思いではないかと察します。

さっきのフェラーリの話ではありませんが、今までやっていた防犯対策でも”大丈夫だ!”と思いますか?明らかに今までとは違った何らかの防犯対策が、今後必要となってくるはずです。


マンション住まいこそ考える「ホームセキュリティ」!

マンションに住まわれている方の中に、”このマンションはオートロックがあるし、防犯カメラもあるから2重セキュリティは必要ない”・・・そう思っている方も中にはいると思いますが、はたして本当にそう思っている方は何人いるのでしょうか?
ほとんどいないと思いますが、こういったコンビニ近くに建つマンションでは、なおさらそういった考えは通用しません。

最近の空き巣犯罪の傾向を見ると、ほとんどマンション住まいの家が狙われています。

もし、”オートロックは大丈夫だ!”と思うのであれば、こういった事実をどうやって否定するのでしょうか。確実にマンションのセキュリティは地に落ちているのです。

マンションは、オートロックがあるだけで、家への出入り口は一般の戸建て住宅やアパートと何ら変わりませんし、一戸建ては門扉が、マンションはオートロックが出入り口というだけです。(侵入しようと思えば簡単にできます)

さらにコンビニが隣り合わせにあるマンションでは、複数の住居人の出入りもあるし、コンビニ客も近くにいるわけで、誰が住民か訪問者かコンビニ客か、まったく区別が付きませんし、傍から見ている人でも、極自然な光景がそこにあるだけで、誰も不審者だと疑う人はいません。(マンション住民ですらです)

こういったことから、コンビニ近くの一戸建て住宅やマンションでは、家人の出入りが不特定多数の人の目にさらされている点で、ここも”犯罪スポット”に成り得るわけで、やはり防犯強化を高める必要が出てくるのです。

事実、コンビニ周りに建つ一戸建て住宅や、マンションに住む方の「ホームセキュリティ」への加入率は高いことが知られています。
一戸建て住宅の場合は、第三者の行動が気になるという点で、”夜中に玄関先に人がいて怖い目にあった!物騒だ!”といった理由から加入に踏み切ったという方が多いようです。



HS系

ホームセキュリティはセコム

でも、ここでちょっと変だと思いませんか?
逆に人が集まるところは「空き巣被害」に遭わないのでは?と思ってしまいますよね。

確かに四六時中、人がいればそういったことになりますが、人の流れというのは必ずどこかで途切れるものなのです。
その”途切れる時間帯”には、すでに住民は五感が働かない無防備状態となっているので、多少の音では異変に気が付きません。

空き巣犯からすれば、それがかえって犯行がしやすいことにもなるし、そのチャンスを伺ってコンビニ駐車場の車の中からその時を待っている可能性も否定できないし、実際に過去にもこういった”監視”をされていて被害に遭ったという方もいるのです。

マンションも、昔はオートロックを過信して、”2重セキュリティは無意味!”という風潮がありましたが、今ではその考え方が根底から覆されていて、マンション管理会社も部外者を建物内に入れない工夫として、宅配ボックスなどを常備するといった方法を取っています。

それでも、誰でも簡単に中に入れることは、マンションの住人であれば誰でも知っていることだし、最近の「空き巣事件」の多くが、マンションといった集合住宅で発生していることもあり、もう管理会社に任せておけないといった理由で「ホームセキュリティ」に加入される方が増えているのです。



最近ではマンションも、エントランスや非常階段に防犯カメラが後付けされているのを見掛けますが、それがしっかりと機能していても被害に遭うのが、マンションでの「空き巣被害」というものです。

一戸建て住宅の場合、隣家や通行人の目もあるし、マンションより一目に付きやすい面もあるといった理由と、防犯設備のある家では捕まるリスクも高くなるので、「空き巣犯」もおいそれと入ろうとはしません。
でもマンションはどうでしょうか?
隣の家(部屋)からは見られない(発見されない)ということと、エントランスさえ通過できれば、あとは狙った家に侵入するだけです。

要は、入りやすさではマンションの方が一戸建て住宅より楽だし、しかもマンションの上階に住む人ほど裕福で、金目のものが必ずあるという心理が働くのです。
人は性善説と性悪説の狭間で生活する生き物・・・これは紛れもない事実であって、”犯罪スポットを見て自分もできる・・・”といった単純な考えでこういった行動に走る可能性を秘めているのが人間というものです。

正にこのマンションへの侵入に至る経緯は、性善説と性悪説の中で絞り出された格好の場所ということでしょう。
人が増えて、今住んでいる生活圏の環境がガラリと変われば、先住民もこれに合わせ、居住方法や家の防犯レベルを変えていかなければ守れない時代だと思うのです。

こういった”犯罪スポット地域”にある一戸建て住宅やマンション住まいの方の安全安心は、もはや防犯グッズなどの”自己防衛で守る防犯対策”の域を超えているようにも思います。

もし、近くに新しい道路ができてコンビニやファミレスができた、隣の家が空き家になった、ライフワークが変わったなどといった生活環境に変化があった場合は、とにかく今までの防犯対策を見直すことをおすすめします。

自分の住んでいる家が”危険スポット”になってるかも・・・そう感じている方には、やはり「ホームセキュリティ」をおすすめします。
セコム、アルソックなら、どちらの警備会社でも”時代に合った防犯対策資料”がタダで頂けます。
是非、HPを参考になさって下さい。


<スポンサーリンク>


関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

https://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/128-a7f211a0


ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop