ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

  〆空き巣やストーカーなどの防犯対策ができずに困っていませんか?

PC今や年間5万件にまで達している「空き巣被害」!
その手口も年々巧妙化しており、今まで安全だった防犯対策も徐々にその効果が薄れ始めています。

それでも”自分の家は大丈夫!!”・・・
そう自信を持って言ってた方の4人に1人が、何らかの「空き巣被害」に遭っている事実をご存知でしょうか?

このブログは、頻繁に起こる「空き巣被害」から家の安全を100%守るポイントを紹介するものです。
”防犯強化”の3つのポイントさえ抑えれば、家は必ず「空き巣」に強い家に生まれ変わります。

  Point.1:”防犯対策”の基礎知識!

■1.⇒「防犯対策」の基本は、侵入犯罪の発生状況、検挙率を知ることから!
PC

防犯対策の基本は、”どんな犯罪が起きているのか、その検挙率はどのくらいなのか”を知って、初めて自分の家の防犯上の弱点が分ります。


■2.⇒侵入犯罪の発生場所と手口を調べてみる!!
PC

窃盗犯罪や検挙率が分かれば犯罪傾向が掴めます。さらに”どんな手口で犯行に及ぶのか”を知れば、防犯強化対象を絞り込みやすくなります!


■3.⇒「空き巣」に狙われる家は存在する!
PC

「空き巣」が好む家は、生活環境、行動が見え見えで無防備な家に多い。
自分の家の生活環境と行動を比べて見て、見直すところを絞り込めます!


■4.⇒逆に空き巣に嫌われる家もある。その家の特徴は?
PC

「空き巣」に嫌われる家は、犯行に時間が掛かる家です。自分でできる防犯対策の効果は、犯行を遅らせる大事な防犯アイテムと言えます!


■5.⇒もし「空き巣」に入られたら:その対処方法と今後の手続き

PC

もし被害に遭ったらどうすれば!!気が動転して最初は何もできませんが、
”すぐやること”と”やってはいけないこと”があります。


  Point.2:”防犯対策” 実践編

■1.⇒最優先で行う防犯対策:玄関ドアの鍵を1ドア2ロック化へ!
PC

今や常識となった玄関ドアの「1ドア2ロック」!空き巣に解錠を遅らせるものですが、今ある玄関ドアも簡単に「1ドア2ロック化」にできるのです!


■2.⇒鍵の強化対策:鍵の交換はだれでもできる!DIYで簡単にお安く交換!
PC

古い時代に製造された鍵は、巧妙になった空き巣に対して既に”防犯能力”はありません。鍵の強化は自分で簡単に安く取り替えられる時代です!


■3.⇒防犯の原点!自分でできる防犯グッズの設置と所持で空き巣を威嚇!
PC

「空き巣」が避ける防犯グッズの第2位:たった800円程度で設置した窓の補助錠です。防犯グッズは、目的に合った防犯能力で選ぶものです!



  Point.3:火災保険,ホームセキュリティ,見守りサポート加入編

■1.⇒火災保険?掛けている人といない人では損害賠償でこれだけ違う!
PC

”被害に遭ってしまった”・・・泣き寝入りでは済まされない被害額を火災保険がカバーしてくれます!保険見直しによっては家計節約も可能です!




■2.⇒守り切れない犯罪にはホームセキュリティと防犯グッズで守る!
PC

土地の立地条件が悪く死角になりやすい家は、人目に付きにくいものです。
防犯グッズとホームセキュリティの部分加入が効果的です!

セコム_料金綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】


■3.⇒子供やご高齢者の居場所をGPSで瞬時に確認できる「見守りサポート」
PC

子供や女性の一人歩きのときなど、もしもの時にボタン一つで会話ができ、警備員が駆けつけるシステムです。ご高齢の方の徘徊対策にも効果的です!

防犯カメラによる2重3重のリスクヘッジの取り方|防犯策士の取ったひとつの行動!

 
防犯カメラ

今の時代は家に設置する防犯カメラも、2重3重のリスクヘッジ(危険回避)を取る時代なんでしょうね。

先日、テレビ報道の番組で、室内に防犯カメラを2重に付けて、空き巣被害を最小限に食い止めた!という事件が紹介されていました。

この空き巣被害宅の防犯カメラの設置は、1台は普通の防犯カメラで、もうひとつは今の防犯業界の中では当たり前になっている”Iot技術”を使ったネットワークカメラです。

ただこの番組を見て疑問に思ったのは、この被害宅は一般的に屋外で使われている防犯カメラを室内に設置していたことです。

ネットワークカメラを室内に設置するのは誰でも分かる!

ただ防犯カメラは室内ではなく、玄関先など屋外に設置して威嚇するものなので、”なぜゆえに室内に?”ということです。

もしかすると、ここには被害宅主の巧妙なテクニックがあったのかも知れません。

今回のお題は、防犯カメラとネットワークカメラの使用目的の違いと、2重設置する防犯効果についてご紹介します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

台風被害で家屋が損傷した場合の火災保険申請方法と無償保険申請代行サービス!

 
火災保険適用

ここ最近、日本列島を通過する台風や集中豪雨による被害ってハンパないですよね。

つい先日(8月後半)も九州北部を襲った記録的な集中豪雨で、河川の氾濫や浸水被害、土砂災害が起きたばかりでしたが、私の住んでいるここ東京でも、9月9日に通過した台風15号の影響で、かなりの影響を受けています。

我が家ももちろん、この台風の影響で庭に植えた松の木が傾く被害を受けています。

我が家の被害はそれくらいでしたが、もしこの台風で家の損傷が見つかったら、すぐにでも加入している火災保険会社に連絡して、保険金申請の手続きをされることをお勧めします。

火災保険は建物と家財の補償が付いていますし、台風で起きた風災害と水災害であれば、小さな被害でも火災保険から保険金が下りるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラー防犯グッズの選び方~ソーラー防犯カメラを使うメリットとデメリット!

 
ソーラー防犯カメラ

防犯グッズの世界も進化したもので、Wi‐Fi環境さえあれば、Iot(外部遠隔操作)技術を使って玄関の鍵を開けたり、室内に置かれた監視カメラを遠隔操作したり!といったことが当たり前のようにできるようになっています。

そう、今流行りの防犯設備を兼ね備えたIot住宅、スマートハウスってやつですよね。

外出先から遠隔操作で家の設備を制御できる・・・この技術は今となってはそんなに珍しいものではありませんが、この便利な技術を防犯グッズメーカーが放っておくわけはありませんよね。

今までは防犯グッズの電源を確保するために、壁に穴を開けて配線していたものが、今ではソーラー電源が組み込まれるようになって、電源確保の心配はなくなりました

その代表格がソーラー防犯カメラです。

取り付けるのに金銭的な面や、取り付けの面倒さでちょっと敷居が高かった防犯カメラも、これだと誰でも手軽に利用できるようになりますよね。

今回のお題は、外部電源の必要もなく、しかも配線不要で設置できるソーラー防犯カメラの、使う上でのメリットとデメリットについてご紹介します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険料率改定で保険料が激変~特約毎の値上げと値下げの見積額を検証!

 
自動車保険更新

さて今年も自動車保険(任意保険)の更新を知らせる封書が届きました。

自動車保険の更新はもうお済でしょうか?何も考えず継続手続きだけで済ませていませんか?2019年以降、ただ単に同じ保険会社で更新だけしている方は、たぶん保険掛け金を損をしているかも知れませんよ。

実は自動車保険料は2019年1月に行われた自動車保険料率改定で、各保険会社によって保険料が大幅に変わっています。(私も今回の更新で始めて知りました)

この保険料率改定からまだ日が浅いので、世間にはその損得があまり認知されていないようですが、改定内容と特約掛け金が前年とは打って変わっています。

そのお陰か、2019年1月に改定された保険料水準は、”全体の8割の方が保険料が下がる!”と言われています。

その損得を知るためには料率改定後に合わせて、更新する際にもう一度各保険会社に見積もりを取って確認する必要があります。(前年とまったく内容が違うからです)

いちいち保険会社各社に見積もりを取るの?・・・確かに面倒くさいですよね。

私はそれが面倒なので、毎年、自動車保険会社数社から見積もりが一括で取れる自動車保険一括見積もりサイトを使って、保険会社各社の見積もりを比較して、一番安いところで更新しています。

今回のお題は、2019年改定における料率内容と、新料率でお得に自動車保険を更新するやり方についてご説明します。




このエントリーをはてなブックマークに追加

運転免許証自主返納!自主返納すべきかどうかを判断するために行う2つの確認方法

 
免許証返納

最近、高齢者ドライバー(70歳以上)によるアクセルとブレーキの踏み間違いや、逆送による交通事故がTVで毎日報道されていますよね。

内閣府の「平成28年高齢運転者による死亡事故の発生状況」によると、75歳以上の運転者の交通死亡事故件数が大幅に増えており、世代別免許所有人口の約2倍の事故率で推移しています。

交通事故は絶対に起きるもの!減らない高齢者による死亡事故が増えているなかで、今世間で騒がれているのが「運転免許証の自主返納」です。

こういった運転ミスによる交通事故は必ず他人を巻き込んでしまいますので、誰でも運転技術が劣ってくれば自主返納も至仕方のない話です。

が、ただ公共交通機関に頼れない地域に住んでいる方にとってこれはどうでしょう。

タダでも足のない地域で生活されている方にとって、これは死活問題です。

認知症や痴呆と判断された方ならすぐにでも自主返納するべきでしょうが、そうでない方は、まず運転免許証の自主返納をする前に、自分の運転が安全なのか!咄嗟の出来事に対処できるのかどうか!を確かめてからご判断されても良いと思います。

いくら高齢と言っても、しっかりと交通判断できる方はいますからね。

今回のお題は、自分の運転がどれだけヘタになっているか!注意散漫なのか!どれだけ危険なのか!を判断するための2つの方法についてご紹介させていただきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事
関連記事

ホームセキュリティ高齢者 綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

▲PageTop