所持工具が外出先で「指定侵入工具」と見なされそうになった場合の対処方法! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

所持工具が外出先で「指定侵入工具」と見なされそうになった場合の対処方法!


「指定侵入工具」というものをご存知でしょうか?
このブログでも何度かご紹介してきましたが、平成15年9月に施行された「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」、いわゆるピッキング防止法の適用を受ける工具のことです。

この法律の施行から、警察官の勘違いで迷惑を被った方も多いのではないでしょうか?
私もまさかこの件で取調べを受けるとは思ってもみませんでした。

先日、深夜のコンビニ駐車場で、警察官にいろいろと車の中を調べられ、この「指定侵入工具」所持の疑いであれやこれや調べられました。

事なき?で終わったのですが、一般市民に対してもいろいろと疑って掛かるのは如何なものかと思いましたね。

今日は、知っておいて損はない!むやみに持ち歩くと罰せられるかも知れない「指定侵入工具」ってどんなものかをご紹介します。


  厳しくなった「指定侵入工具」の取扱い!

まず初めに、平成15年9月に施行された「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」ってどんなものか?ですが、下にこの条文の重要項目だけを抜粋したので一度ご覧下さい。

「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」

第一条  この法律は、特殊開錠用具の所持等を禁止するとともに、特定侵入行為の防止対策を推進することにより、建物に侵入して行われる犯罪の防止に資することを目的とする。
第三条  何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、特殊開錠用具を所持してはならない。
第四条  何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、指定侵入工具を隠して携帯してはならない。

<指定侵入工具とされるもの>
(1)ドライバー:先端部が平らで、その幅が0.5cm以上、かつ長さが15cm以上のもの
(2)バール:幅が二センチメートル以上、かつ長さが24cm以上のもの
(3)ドリル等電動工具:直径1cm以上の刃が附属するもの


私達が通常、家とかに所持しているもので、”「指定侵入工具」と見なされる?”ものといえば、ドライバーなどの簡単な工具です。(特殊開錠用具は鍵屋さんが使う工具)
”先端部が平ら”とあるので、マイナスドライバーに限定されているのですが、じゃ、プラスドライバーは大丈夫ってことなんでしょうかね。(笑)

これを家にストックしていて持ち出さない分には何の問題もないのですが、これを正当な理由なく”隠して携帯”すると(持ち歩くと)、罰則の対象になる可能性があるわけです。
罰則もしっかりあって、違反した場合、「1年以下の懲役」もしくは「50万円以下の罰金」が科せられます。(←捕まれば間違いなく裁判所行きです)

では、具体的にどういったものが「指定侵入工具」なのかですが、下に画像を付けてみましたのでご覧下さい。

左の画像の上の3個(バール、ドライバー、電動ドリル)がそれにあたりますが、残りの工具も警官が”あやしい!”と思えば、「指定侵入工具」にされそうなものばかりです。

正直、工具って、どんな家でも持っているだろうし、それを外に持ち出すことだって多いはずですよね。例えば、キャンプでのテント設営とか、車のちょっとした修理などでも、外に持ち出すことが多いはずです。

私もそういった理由で、工具はしっかり車に付けて(載せて)います。

左の画像が、私が常時、車に積んでいる工具(あやしいと思われたもの)ですが、上の画像と比較すると笑ってしまいますよね。

まさに上の画像の工具のほとんどがまとめられて収納されています。(笑)

ただ、笑い事ではなく、これがすべて「指定侵入工具」と言われたら、世の中のみんなが(持ち歩いたら)犯罪者になっちゃいますよね!

”じゃ、工具を車に積んでいたらまずいの?”って話になりますが、私もこの件で、警察の取調べ(現地で)を受けました。

私の場合、夜にコンビニの駐車場に車を止めていて、戻ってきたら車の進路を塞ぐようにパトカーが止められていて、案の定、車の中を隅々まで調べられました。

車中を調べるうちに、この工具を(強い口調で)指摘されたわけですが、”これは、車を維持するうえで必要なものです!”と言い切って難を逃れました。
けど、追求がすごいです。30分くらい”あーだこうーだ”説明して納得してくれましたけど。

警察官の行動も分からないわけではありません。
私の車は黒のワンボックスカーなので、自転車とか大きな荷物も一瞬で積めてしまうし、ハッチバックを締めたら密室になってしまうので、犯行車には打って付けの大きさです。
しかも、コンビニに行った時間は深夜でしたからね。

ただ、これが車だったから良かったものの、これをカバンの中に入れて持ち歩いていると、多分、本人の意図に反して、第四条の「指定侵入工具を隠して携帯してはならない」と見なされる可能性があります。

ホームセンターから工具を購入して、帰り道に持ち歩いているだけで”違反?”ってなりかねないので、そういったときは、文句やゴネることなく、”これこれこういった理由で工具をどこどこで購入し、今から家に帰るところ!”とか、”これから親戚の家の修理に向かっているところ”といった、所持目的をしっかり伝え、毅然とした態度で受け流すことが一番いい方法です。

それと警察官は、必ず目を見て話してくるので、目を逸らしたら疑われますよ!
また、警官は理由なし、容赦無しに住所、氏名、年齢を聞いて検証するので、ウソやあやふやなことを言ってはいけませんよ!
私の場合、車の犯罪歴(ないけど)まで調べられましたから。

それと特に夜は、目的もなく工具まがいな物を持ち歩くのは止めた方がいいです。
(野球道具のバットとかバンデージ用のカッターとか)
「空き巣」の大半は、みんなが寝静まった夜に犯行を起こすものですから、これだと疑われて、すぐには開放してくれませんから!

参考になさって下さい。


<スポンサーリンク>

セコム_料金
ホームセキュリティはセコム
綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】
アルソックのホームセキュリティ



関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/169-4566a43c


セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】