盗聴器に続くGPS位置情報取得犯罪!~行動が知られる裏に潜むストーカー犯罪! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

盗聴器に続くGPS位置情報取得犯罪!~行動が知られる裏に潜むストーカー犯罪!


スマホの普及により、今では誰でも「GPS機能」が自由に使えるものとなりましたね。
「GPS機能」は、目的地を案内してくれる「カーナビゲーション」に始まり、googleが提供する“道案内アプリ”の「Google マップ」 、中には「デジカメ」の撮影データにも位置情報が記憶されるものまであり、多くの媒体に記録として保存されるようになりました。

どのGPS機能を見ても、利用者には”便利!”で申し分ないものですが、ただ、その便利な「GPS機能」には、”使われる怖さ”というものもあります。

「GPS機能」は確かに便利です。が、その”便利さ!”は、裏を返せば、”その機能(位置情報取得)は誰かに悪用される!”という意味も含んでいるということです。

GPS:(Global Positioning System)衛星利用測位システム、全地球無線測位システム



プライベート情報が漏れる原因~盗聴器・GPS発信器!

情報取得犯罪は、今でも一般家庭を狙った「盗聴」が主流ですが、今ではそれに加えて「GPS機能」を用いて、”会話と位置”を、故意にリアルタイムで探る悪質な情報犯罪まで増え続けています。(盗聴器とGPS発信器、受信機同時設置)

その事例として、今月初めに、女子高生の乗る自転車のサドルの下に、GPS(衛星利用測位システム)を取り付けて、行動を見張って付回したとして、埼玉県三芳町の会社員が警視庁巣鴨署に「ストーカー規制法違反容疑」で逮捕される事件が起きています。

女子高生の所有する自転車のサドルの下に取り付けられていたGPS発信機、受信機は、多分、こんな感じの小さなものでしょう。

GPSロガー GPSデータロガー発信機

サイズ的には、46mm×42mm×14mm 37gといったコンパクトなものですから、誰にも知られず何処にでも仕掛けられる代物です。

もともとGPSは、アメリカが軍事用に打ち上げた複数の衛星から発する信号を受信して、現在位置を割り出すといったシステムですが、今では、航空機の安全航行などを目的に、民間にも広く開放されたシステムとなっています。

それが現在、「カーナビゲーション」や「Google マップ」などにも利用されているわけですが、「GPS発信器、受信機」は、今ではネット市場にもしっかりと出回っています。

市場に出回っている「GPS発信器」は、建前上は盗難車両の捜索や、自分の移動した記録の再現などを利用目的にしており、悪意で利用されることを想定して販売していません。

が、中にはその意図に反して、”悪意をもつ行動”をしてしまう人もいるようです。
会社員が起こした今回の「ストーカー規制法違反」もそのひとつです。

「盗聴器」も「GPS発信器」もネット上では数千円のものから販売されていますし、「GPS発信器」のリースを提供している会社もあります。

小型GPS発信機・GPS追跡レンタル【イチロク】

車両追跡GPS発信器

購入品にしろリースにしろ、その購入価格や利用料金の安さ、手軽さが故に、良からぬ考えを働く人間が増えるのでしょう。
今は、そのたった数千円で、特定した人間の”今いる場所””行動パターン””会話の内容”が知られる時代です。

自分の行動パターンが読まれていると感じたら、昔は”「盗聴器」を疑え!”でしたが、今では、「盗聴器」と「GPS発信器」で情報が漏れることを知っておいても損ではありません。
実際に、被害が発生して刑事事件になっていますからね。ご注意下さい。


位置情報取得犯罪:居場所は誰でも知ることができる!

個人情報やプライベートの内情などは、以前は家に仕掛けられた「盗聴器」によるものが主でしたが、現在ではそれに加え、特定する人間の1日の行動ルートや会話なども、「GPS発信器」から発する情報として知られてしまうようになりました。

ただ、今となってこの機能は、そんなに目新しいものではありません。
スマートホンの設定次第で、知人の居場所や位置を知ることは昔からできていましたし、無くした自分のスマホをGPS機能を使って見つけ出すことも、今の時代はもう当たり前となっています。(A-GPS)

ただ、それは、あくまで個人の”便利さ”の範囲の中での検索行為です。

なので、”位置情報が漏れる”というのは、自分のスマホを普通に使っている分には、第3者にその情報が漏れることはまずありませんし、心配ならスマホのGPS機能をOFFにすることで防げます。(スマホに変なアプリを入れられていたら別ですが)

いずれにせよ、それは自分の使用しているスマホ上での話です。
その範疇から外れて、自分と係わりのない”他人の位置情報を知る”ことを目的にするのであれば、特定する人間の車やバッグなど、自分が移動するときに同時に移動する持ち物に、「GPS発信機」、あるいは「GPS受信機」を取り付ける(忍ばせる)必要があります。

今回の事件は、それとやり方は同じで、ストーカーが「GPS発信器」、または受信機を特定する人間に仕掛け、遠くから(近くから)監視していたものです。

この「GPS発信器」がまた曲者で、”盗聴器を仕掛ける”と同じで、電源が続く間は位置情報を記録し続けるので、例えば、車などのバッテリーを経由させると半永久的に位置が記録されますし、Web回線を使って位置情報をリアルタイムで確認できてしまうのです。


「GPS発信機、受信機」の種類と使い方・使われ方!

GPSを用いた位置情報取得には、「記録ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」の2種類があります。下にそのタイプを載せますが、この情報は、あくまで”ハイテク被害に巻き込まれないための雑知識”のひとつとして捉えてください。



  「GPS受信機」:記録ロガータイプ!   
  • 位置情報ロガータイプ!
    GPS衛星からの信号を受信して、受信機に内蔵されている記録媒体に位置情報を記録するシステム。
    位置情報はPCから見ることができるが、PCで見るためには、仕掛けた「GPS受信機」を一旦取り外す必要がある。
    *リアルタイム情報ではなく、保存された分の移動記録が分かるシステムです。

    GPSロガー GPSデータロガー発信機

  「GPS受信、発信機」:リアルタイムタイプ!   

記録ロガータイプは、あくまで「GPS受信機」!言わばレシーバーと同じようなものです。
理屈は「カーナビ」と同じで、GPS衛星の位置から割り出すもので、位置情報は発信せず、「GPS受信機」に”記録ログ”として保存し、その記録を後でPCで確認するものです。
なので、「GPS発信器」の部類ではありません。カーナビの走行記録を後で見るのと同じようなものです。

リアルタイムタイプは、あくまでリアルタイムで現在位置、移動経路を記録するもので、常時監視型にも使えるといったものです。(←ここが怖いところです)
携帯電話回線などでWebにアクセスし、専用サーバーからスマホやPCにリアルタイムに位置情報が送られてくるわけですから、出先でも相手の位置が分かる仕組みです。

記録ロガータイプは、位置情報を発信(電波を出さない)しないし、リアルタイムタイプは、位置情報は発信しますが、それはあくまでLTEや3G回線といったものです。

つまり、”「GPS発信器」「GPS受信機」は発見されにくい!”ということを意味します。

上の説明でお分かりだと思いますが、「GPS発信器」は、正直、見つけ出すのは”盗聴器”よりむずかしいとされています。
”今はデジタル時代だ!”とは言え、「盗聴器」で使われている電波は、今だアナログ電波で、以下の周波数帯が主流です。

FM周波数帯:26.095~88.6MHz
VHS周波数帯:105.850~155.585MHz
        Ach:139.975~140.000MHz
        Bch:140.050~154.585MHz
        Cch:139.960~139.970MHz
UHF周波数帯:298.980~442.900MHz

この盗聴器は、”電波を発信”しているので、盗聴発見機で見つけることが可能ですが、「GPS発信器」は、電波は発しないし、発しても携帯電話回線となれば、地道に目視で細部まで探るしか見つける方法がないわけです。

発見機が見つけにくい・・・その特性を上手く利用しているのが探偵会社です。
参考までにお話しすると、「リアルタイムタイプ型」は、現在、探偵調査会社の”浮気調査”に利用されています。

問題解決のために、物的証拠を突き付けるといった何とも複雑な手法ですが、困りに困り果てて、探偵会社に依頼を頼む依頼主のことを思えば、これはこれで、”致し方がないこと”と思います。







夫の浮気

妻の浮気

今回の記事で、世間では”「GPS発信機」は簡単に仕掛けられる!”ということが、平然とまかり通ってしまう現実を載せました。

こういったハイテク事件が起きている中、まさに、今、ストーカーで悩んでいる方、悩み予備軍の方、監視されてるかも?と不安に思う方がおられましたら、少しでもこの情報を参考にしていただけたらありがたいです。

最終的には、”自分の身は自分で守る!”ということです。・・・参考になさって下さい。


<スポンサーリンク>


関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/159-5d00151d


セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】