「ホームセキュリティ」加入宅の”隣”は空き巣犯に狙われる絶好の場所! - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

「ホームセキュリティ」加入宅の”隣”は空き巣犯に狙われる絶好の場所!

カギ交換

今年も師走に入り、そろそろ年越し準備を始める慌しい時期となりました。
何となく、世間が忙しなく動いている感がありますが、私のまわりでも悪い意味でその動きがあったようです。

今日、朝早い時間に私の家の数件隣にパトカーが鎮座していました
サイレンこそ鳴っていませんが、車の屋根とバンパーに取り付けられた赤色等がグルグル回っていて、近くの一軒家とアパートを調べているみたいでした。

察するにどうも”空き巣事件”っぽくて、何かを調べているみたいでしたが、その警察の行動を見て私も思わず自分の家に異変がないか調べてしまいました。(大丈夫でした!)

年末年始は例年に漏れず”空き巣被害”が多くなる時期!
頭では分かっていますが、こうして近くで現実を見せられると本当に嫌になります。


   ホームセキュリティと防犯カメラ~ダブルの威嚇効果!

朝方、私の家の数件隣に鎮座していたパトカーは↓これ!(思わず写真パチリです)
朝早くからパトカーがいる・・・想像つきますよね!明け方に家人の留守中か就寝中を狙った「空き巣事件」では?と思います。

はっきり言って、こういった空き巣事件?が隣家で起こる現実を目の当たりにするのは正直、何とも言えません。怖いの一言です。

被害宅は一軒家の方とアパートの一室でしょう・・・。しかも驚くことに、被害宅の隣の家は、「ホームセキュリティ」に加入している家なのです。

近くなのでどんな方が住んでいるのかは知っていますが、一軒家の方は奥さんを亡くされたご高齢の一人暮らしのおじいさん。アパートの方は、ある会社の社宅として利用されていて、若い男女8世帯ほど住んでいます。

ともに「ホームセキュリティ」といった施設はなく、アパートに取り付けられている鍵は、防犯に非常に弱いといわれるインテグラル錠(ドアノブに鍵が突いているタイプ)でした。

無防備な家を狙うのが”泥棒”の定説・・・隣にはホームセキュリティの「セコム」に加入された家があるのですが、やはりそこは避けられたようです。
「ホームセキュリティ」の強さはこういった空き巣犯を寄せ付けない確実性のある”威嚇”や”オーラ”なので、こういったときにものすごい威力が発揮されます。


セコム_高齢者
多彩なサービスで24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ

「ホームセキュリティ」には、今回の事件の被害者のような一人暮らしのご高齢の方がよく加入されていますが、自分だけの力では守りきれないといった方が多く加入されています。

今回は、不幸にも両軒が被害に遭ったみたいですが、犯行場所は私の家と「ホームセキュリティ」に加入されている家との間で起きています。
不思議ですね!すぐ近くで起きた事件なのに、私の家や「ホームセキュリティ」に加入されている家はなぜ狙われなかったのでしょうか?

空き巣犯が「ホームセキュリティ」に加入されている家を避けるのは何となく分かりますが、この謎を解くと、実は私の家ともう一軒には、ある共通点があるのです。

  ”ホームセキュリティ加入宅の隣の家だから”は全く通用しない!

その共通点ですが、「ホームセキュリティ」に加入されている家の防犯設備は、まず抜かりがないといったものでしょうが、私の家もそれなりに防犯グッズで固めているからです。
この2軒の共通点は”目に見える威嚇”です。一番の効果は防犯カメラでは?と感じます。

参考記事:
ここまで出来る高性能「防犯カメラ」~監視能力の高さとその防犯効果を検証

私の住んでいる場所は決して治安の良い場所ではありません。
商店街から流れて来る”誰が見ても不審者では?”と思える人もたまに近くで見掛けますし、その行動がまた怪しいので、逸早く防犯カメラだけ先に設置した経緯があります。
(ダミーカメラですけど)

それに、”すぐ近くに「ホームセキュリティ」に加入している家があるから、多少の防犯効果はあるだろう”・・・という考えもありました。
⇒まったく効果がありませんでしたね。今回の事件で証明されたようなものです。

今回の事件で一番驚いたことは、「ホームセキュリティ」に加入されている家の隣は決して安全ではないということです。
そりゃそーです。防犯カメラにしたって隣の家を写しているわけではありませんし、感知センサーだって隣家に迷惑とならないように自分の敷地内だけで作動するようになっていますから、隣の家だからといっても警備自体の恩恵に与れることは一切ないのです。

ただ、”恩恵があるので我が家は大丈夫!”と思っている家に限って、防犯対策はほとんどされていないのも事実です。

考えても分かることです。防犯対策がされていない家への侵入ほど犯行が容易なわけです。
馴れた空き巣犯はこれを知っていますから、警備の恩恵を受けたいのであれば、もう「ホームセキュリティ」に加入する意外に選択肢がないわけです。


ALSOK:綜合警備保障
ALSOK

今、何の気なしにこの記事を書いていますが、自分の住んでいる所の数件隣の家が狙われたと思うと、正直、心情は穏やかではありません。
今まで私なりに防犯グッズで対応していますが、こんな事件がすぐそばであると、ちょっと心許ない感が否めません。

私の家の場合、空き巣犯に狙われやすい時間帯は留守時だけです。
(就寝時は防犯グッズの人感センサーが働いてくれています)
これから年末に掛けては、さらに自分の家の弱点がどこにあるのかを見極めて、確実性のある防犯対策をする必要がありそうです。

不安に思う方は、とりあえず誰でも簡単にできる防犯グッズを取り付けることから始めてみましょう。
以下に、最低限の防犯グッズをご紹介しています。

参考記事:
10分でできる自己防犯対策~暮らしの安全を守る防犯グッズ総まとめ

「ホームセキュリティ」とともに参考になさって下さい。



<スポンサーリンク>


関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/138-68b8658a


セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】