断捨離するならトランクルーム!~空調・セキュリティ完備トランクルーム活用術 - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

断捨離するならトランクルーム!~空調・セキュリティ完備トランクルーム活用術


「トランクルーム」というのをご存知でしょうか?
家族が増えることによって、今まで住んでいた空きスペースが手狭になってきて、”どうにもこうにも収納場所がなくなってしまった!”といったときに、自宅の押入れやクローゼット代わりの延長で手軽に使えるレンタルスペースのことです。

トランクルームの優れている点は、まず、施設が「セコム」、「アルソック」といったホームセキュリティ警備会社と提携されていて、「空き巣犯」を寄せ付けない防犯対策がなされていることと、空調が完備されていて湿気や外気温に左右されることがないことから、大切な衣類なども自由に預けることができるというものです。

一見、トランクルームに物を預けて収納するって、月額がかなり高額になるイメージがありますが、実は条件により”初期費用ゼロ!月額300円!支払いは借りた期間だけ!!”といった格安施設も増えているのです。


    §:目 次
  1. 新たなトランクルームの使い方~断捨離は正しい選択?
  2. 目的別トランクルームの選び方!
  3. 2016年最新版!低価格トランクルーム比較!!

新たなトランクルームの使い方~断捨離は正しい選択?

今の時代は、ただ生活しているだけで”物が増え続ける時代”です。
それが故に”断捨離”という言葉が今でも世間を賑わしていますが、”断捨離”は単に物を捨てるのではなく、”片づけ術””整理整頓法”などを工夫して、不必要なものは買わない、捨てるといったものです。

必要なものは必要!・・・例えば、自分の趣味の世界で捨てられない物や、家族として生きてきた証の品(アルバムや雛人形、着物等)などは対象とはならないものです。

そういった考えの中でも、生活自体をシンプルにして無駄のない生活しようという「ミニマリスト」もいるわけですが、普通の方からすれば、”ただの不自由な生活”としか見えませんし、それで生活することすら嫌に感じます。

本来、人は対価を支払って手に入れたものは、なかなか捨てられないものです。
物を一つ買ったにせよ、その時の思い入れは頭のどこかに残っていて、思い切って捨てたとしても後で”ふっ”と気付いて、後悔の念にさらされることもシバシバです。

私には、その「ミニマリスト」やらの考えが理解しがたいのですが、”断捨離モドキ”をしようとする方の考えや行動は、なぜか皆同じなのです。

”取っておきたいけど置くスペースがなくなったから捨てる!”

”もったいないお化け”が出てきそうな言葉ですね!
でも、物を捨てるときに同時に思い出も捨てていることに気が付きませんか?思い出のある品物を捨てる前に、購入したときの感動を思い出してみるのも良いかもしれませんね!

トランクルームを使う方のほとんどは、家に荷物を置くスペースがなくなったときに活用されています。
他にも災害時における食糧や医薬品の備蓄や、家に置いておくと危ない(盗難被害です)品物の”防犯対策”として利用される方もいます。

なるほど!新しい発想ですよね!
「ホームセキュリティ」に加入するより、大切な物を他に預けることで”空き巣被害”を防ぐ、言わば貸金庫といった考え方ですが、備蓄にせよ防犯対策にせよ、ちょっと回りくどいと感じるのは私だけでしょうかね(笑)。
利用方法は様々ですが、その主な使い方はこういったものです。

<トランクスペースを借りる方の主な理由!>
  • 普段は必要ないけど不必要なものではない!もったいない!
  • 買い換えると高価なものになるので、長い目で見れば預けた方が安い!
  • 今使わないバイクや自転車を預けたい!置く場所がなくなった!
  • 物で生活空間が圧迫されている!
  • 家を建てている間だけ荷物を預ける!また、転勤の間だけでも荷物を預けたい!
  • 思い出の品をタイムカプセルのように使いたい!(子供が小さい頃使ったもの)

トランクルームの使い道はそれだけではなく、趣味の世界・・・例えばバイクや自転車などがいい例ですが、自宅に保管できるスペースがない場合やマンションの駐車場に置いているとバイク盗難に遭うかも知れないといった場合に、近所にあるセキュリティ完備のトランクルームを借りて、安心してバイクライフを楽しむといった使い方もできるのです。

今、トランクルーム業界は、こういった理由で捨てるに捨てられない思い出の品や、趣味で集めた本、高価なバイク・自転車などの別宅収納場所として、たくさんの方が手軽に利用できる施設として注目されているのです。


目的別トランクルームの選び方!

今に限った話ではありませんが、”家の収納に不満”を持っている方の割合が全体の80%以上にも上るそうです。
これは、昨今の土地の価格やマンション賃貸料などの諸事情で大きな部屋が借りられず、部屋が普段使わない生活用品で溢れかえっているのが主な原因です。
(衣替えの時期・・・クローゼットを占領している夏服と冬服の収納箱がいい例ですね)

その”収納に不満!”ですが、一戸建ての方などは、小さいながらも物置を設置する庭スペースを活用できますが、マンション住まいの方は、室内以外はほとんど共用スペースなので、収納は必然的に限られたものになってしまいます。

家族と生活する空間には”ゆとりスペース”が必要ですが、その荷物の多さに唖然として、自分の趣味のものすら置けない状況ではちょっと考えてしまいますよね。

そういった土地事情や空間事情、共用スペースが使えない、使おうにも空きがないといったことで利用されるのが、今話題となっている「トランクルーム」なのです。

その便利なトランクルームですが、大きく分けて屋内型と屋外型の2つが主流となっています。


トランクルームの形態(屋内型・屋外型)
屋内型屋外型
281006situnai1T.jpg
■ビルの一室を利用
駐車場から直接荷物搬入可
■24時間出入り可能
■空調が完備
■セキュリティーカードで安心
(*施設により異なります)
■コンテナを利用
いつでも物を収納できます
■24時間出入り可能
■空調は施設により変動
■しっかりしたセキュリティ
(*施設により異なります)

トランクルーム施設は、屋内型と屋外型によってその設備が変わってきます。
預けたいものが衣服系メインであれば屋内型、趣味のもの・・・例えばバイク、自転車、スキーやスノーボード、ゴルフバッグなどは屋外型が適しています。

使う施設によって、セキュリティ方法が変わってきますが、大手トランクルーム会社は不動産業を営んでいる会社なので、「セコム」などの警備端末が入り口に用意されています。

使用料金を比較するとやはり、屋内型は空調設備やセキュリティ設備などもあり、屋外型に比べ割高となります。

ただ、「トランクルーム」の中には、安い物件もあって、ただコンテナを積んでいるだけでセキュリティなしといった物件もあるので、選ぶときには注意が必要です。

特にセキュリティシステムがない場合、賃貸料を安くする代わりに”個人でセキュリティ会社と別途契約して”みたいなことを条件としているトランクルーム会社もあります。

でも、これは雑とかそういったことではありません。
本来、トランクルームは賃貸事業なので、事業者側は物を保管する義務はないのです。
(あくまで賃貸アパートと同じでスペースを貸すだけです)
アパートなどの部屋の賃貸契約では、”泥棒に入られた”としてもそれは借主の責任なので、不動産会社が損害を補償しないのと同じことです。

昔のトランクルーム運営会社は、このやり方が一般的でしたが、ただこれだと誰もトランクルーム契約など結ぶはずもありません。

なので、最近の大手トランクルーム運営会社のほとんどは、”盗難に備えたセキュリティシステム”や”損害を受けたときの補償”などを充実させています。

預ける荷物は個人の財産!もし、トランクルームを利用するなら、セキュリティだけはしっかりとした大手トランクルーム運営会社を利用したいものです。
その大手トランクルーム運営会社を2、3社ほどご紹介しますね。


2016年最新版!低価格トランクルーム比較!!








<ハローストレージとキュラーズの魅力と特徴>
この2社はトランクルーム事業者ではNO.1、NO.2のシェアを誇る会社です。
トランクルームも屋内型、屋外型の両方を用意していますが、何より扱っている件数が多いことから、必ず近くで物件が見つかります。

屋内型は駅近などにも多いことから、仕事帰りに立ち寄ることも可能です。
また、気になるバイク収納なども屋内型を用意しているところも魅力の一つです。

屋内型は駐車場も完備されており、24時間出し入れ自由であることと、防犯セキュリティと空調設備が整っているのが魅力です。

屋外型もコンテナ収納とはいえ、セキュリティ対策を施しているので、屋外型にバイクなどを保管することも可能です。
(*詳しくは下の比較表を参照ください)






<SOLAの魅力と特徴>
このSOLAだけは、トランクルームではなく、宅配業者が自宅まで荷物を(タダで)取りに来てくれて、集荷後、自社の管理する屋内に保管するといったものです。

東京23区内限定のサービスとなりますが、一番の魅力は、ダンボール1個単位で初期費用なしで月額300円から利用できることです。
そのダンボールも、幅、奥行き、高さの各1辺が1.2mのもので”初期費用ゼロ!月額300円!支払いは借りた期間だけ!!”ですから、1個だけでもかなりの物が収納できます。

ダンボール1個単位で借りられる!そのリーズナブルな価格が魅力ですが、預けるものはダンボールだけでなく他の大きな物も扱ってくれます。


  トランクルーム比較表(2016年版)

各トランクルームの詳しい情報を下にまとめてみました!参考になさって下さい。


トランクスペース比較!~生活用品からバイクまで簡単お預け
断捨離・ミニマリストに大人気!いつでも好きなときにお預け!!
トランク
スペース
運営会社
ハローステージキュラーズSOLA
賃貸型収納スペース
賃貸型収納スペース
宅配集荷型スペース
溢れた物
新たな収納
簡単片付け
*長期間利用でお得

■業界ナンバー1!
日本全国に60,000室
1,000物件以上
■24時間入室可
365日利用可能!
■空調完備(屋内)
■セキュリティ完備
バイク収納可
*短期間利用でお得

初期費用なし!
■室内保管に特化
■24時間入室可
365日利用可能!
■空調完備
(アパレル業利用)
■セキュリティ完備
バイク収納可
*個数単位でお得

■いつでも好きな
時にご連絡!
集荷料0円!
■初期費用なし!
月額300円から!
■料金は預けた
荷物の個数だけ!
■空調完備
対応エリア全国全国東京23区内
バイク対応〇(少)×
収納屋内・外屋内屋内
お預け形態持ち込み持ち込み無料集荷
初期費用××
月額(1.2畳)
(エリア変動)
2,200円~15,000円前後~3辺1.2m箱
300円~
事務手数料××
保障金△(解約時返金)××
管理費××
更新料××
セキュリティ
カード
運営会社で管理
保険・保証火災・盗難
爆破・破壊
火災・盗難運営会社で管理
最低利用期間12ヶ月1ヶ月1ヶ月
店舗スタッフ巡回・清掃10~17時
常駐
運営会社で管理
駐車場
空調・調湿
24時間利用入館不可
セキュリティSECOM
ALSOK
ALSOK運営会社で管理
施設見学WEB見学WEB予約×
公式運営サイト



上の比較表を見てすでにお分かりかと思いますが、トランクルーム利用料は初期費用と月額の比重や割合で大きな差が出てきます。

「ハローステージ」は初期費用、事務手数料などがあるため、最初の出費は大きくなりますが、その分、月額が安くなっています。
かたや「キュラーズ」は、初期費用、事務手数料がない代わりに月額がやや高めです。

長く借りるのであれば「ハローステージ」がお得!短期で借りるのであれば「キュラーズ」がお得ということになります。
(設備や月額金額は借りる地域で変わるのでサイトでご確認ください)

「SOLA」は、初期費用なしにダンボール個数分だけ支払うといったリーズナブルな価格になっているので、手狭なワンルームに住んでいる方や大きな荷物がそれほど多くない場合は、トランクルームを借りるより断然お安くなります。

参考になさって下さい。


関連記事
  広告関連!!










コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kateibouhan.blog.fc2.com/tb.php/129-ebe12839


セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】