ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

  〆空き巣やストーカーなどの防犯対策ができずに困っていませんか?

PC今や年間5万件にまで達している「空き巣被害」!
その手口も年々巧妙化しており、今まで安全だった防犯対策も徐々にその効果が薄れ始めています。

それでも”自分の家は大丈夫!!”・・・
そう自信を持って言ってた方の4人に1人が、何らかの「空き巣被害」に遭っている事実をご存知でしょうか?

このブログは、頻繁に起こる「空き巣被害」から家の安全を100%守るポイントを紹介するものです。
”防犯強化”の3つのポイントさえ抑えれば、家は必ず「空き巣」に強い家に生まれ変わります。

  Point.1:”防犯対策”の基礎知識!

■1.⇒「防犯対策」の基本は、侵入犯罪の発生状況、検挙率を知ることから!
PC

防犯対策の基本は、”どんな犯罪が起きているのか、その検挙率はどのくらいなのか”を知って、初めて自分の家の防犯上の弱点が分ります。


■2.⇒侵入犯罪の発生場所と手口を調べてみる!!
PC

窃盗犯罪や検挙率が分かれば犯罪傾向が掴めます。さらに”どんな手口で犯行に及ぶのか”を知れば、防犯強化対象を絞り込みやすくなります!


■3.⇒「空き巣」に狙われる家は存在する!
PC

「空き巣」が好む家は、生活環境、行動が見え見えで無防備な家に多い。
自分の家の生活環境と行動を比べて見て、見直すところを絞り込めます!


■4.⇒逆に空き巣に嫌われる家もある。その家の特徴は?
PC

「空き巣」に嫌われる家は、犯行に時間が掛かる家です。自分でできる防犯対策の効果は、犯行を遅らせる大事な防犯アイテムと言えます!


■5.⇒もし「空き巣」に入られたら:その対処方法と今後の手続き

PC

もし被害に遭ったらどうすれば!!気が動転して最初は何もできませんが、
”すぐやること”と”やってはいけないこと”があります。


  Point.2:”防犯対策” 実践編

■1.⇒最優先で行う防犯対策:玄関ドアの鍵を1ドア2ロック化へ!
PC

今や常識となった玄関ドアの「1ドア2ロック」!空き巣に解錠を遅らせるものですが、今ある玄関ドアも簡単に「1ドア2ロック化」にできるのです!


■2.⇒鍵の強化対策:鍵の交換はだれでもできる!DIYで簡単にお安く交換!
PC

古い時代に製造された鍵は、巧妙になった空き巣に対して既に”防犯能力”はありません。鍵の強化は自分で簡単に安く取り替えられる時代です!



■3.⇒防犯の原点!自分でできる防犯グッズの設置と所持で空き巣を威嚇!
PC

「空き巣」が避ける防犯グッズの第2位:たった800円程度で設置した窓の補助錠です。防犯グッズは、目的に合った防犯能力で選ぶものです!



  Point.3:火災保険,ホームセキュリティ,見守りサポート加入編

■1.⇒火災保険?掛けている人といない人では損害賠償でこれだけ違う!
PC

”被害に遭ってしまった”・・・泣き寝入りでは済まされない被害額を火災保険がカバーしてくれます!保険見直しによっては家計節約も可能です!




■2.⇒守り切れない犯罪にはホームセキュリティと防犯グッズで守る!
PC

土地の立地条件が悪く死角になりやすい家は、人目に付きにくいものです。
防犯グッズとホームセキュリティの部分加入が効果的です!

セコム_料金綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】


■3.⇒子供やご高齢者の居場所をGPSで瞬時に確認できる「見守りサポート」
PC

子供や女性の一人歩きのときなど、もしもの時にボタン一つで会話ができ、警備員が駆けつけるシステムです。ご高齢の方の徘徊対策にも効果的です!

3回取り替えてみてやっとわかる失敗しない 「ソーラーセンサーライト」の選び方!


我が家で使っている防犯グッズの「ソーラーセンサーライト」が、もう2年経過してとうとう寿命となったので、一新して取り替えることにしました。

「ソーラーセンサーライト」は、昼でも夜でも敷地に入ってきた不審者を人感センサーが感知して、ライトを照らして威嚇するといったものです。

もともと価格も1個1,500円程度で購入したもので、もう2年ほど使いましたけど、1日たったの2円程度というタダ同然の価格の割りに良い働きをしてくれました。

そのコスパに優れる「ソーラーセンサーライト」ですが、
ここ数年使っていて”やっぱりすごい!”と感じるのが”守られている安心感”です。
今まで夜中に車を狙ってか、何度か不審者が敷地に入ってきてことがありましたが、見事に撃退してくれたことがありました。

転ばぬ先の杖!「ソーラーセンサーライト」のその防犯効果には、例えようのない安心感があります。


    §:目 次
  1. 最新型 「ソーラーセンサーライト」の進化した機能!
  2. からくり屋敷!間違った 「センサーライト」の使い方!
  3. 用途・目的別「センサーライト」の種類と選ぶコツ!
  4. 「センサーライト」の使い方・選び方のまとめ!

最新型 「ソーラーセンサーライト」の進化した機能!

「ソーラーセンサーライト」は、家庭用電源からではなく、日中の太陽光から内蔵されたリチウムイオン電池に充電させ点灯させる方式です。
なので、夜間は電源が供給されず、昼間に充電した電力で夜間の電源を補うので、どうしてもリチウムイオン電池の劣化は避けられないものです。

そういったことで、我が家ではこれが3回目の取替えとなります。
我が家では、屋根付きカーポートに2個、勝手口に1個設置していますが、”こんなに付ける必要があるの?”って感じですが、それについては追い追いお話します。

今回、私が取り替えた「ソーラーセンサーライト」は、「MPOW 8LED ソーラーセンサーライトワイヤレス人感センサー」というものです。下に画像を載せてみます。


290314solar1T.jpg


「MPOW 8LED ソーラーセンサーライトワイヤレス人感センサー」

手のひらサイズでLEDライトが8個付いていて、以前付いていた6個形式LEDに比べると、光量が格段に増えていて”明るい!”、いや、まぶしいほどの明るさを放ってくれます。

上には大型のソーラーパネル(ホコリが付いててすいません)が良い角度に付いていて、どこに設置していても太陽光を捉えてくれます。
ざーと機能を説明するとこんな感じです。

   
  <機能>:「MPOW 8LED ソーラーセンサーライトワイヤレス人感センサー」 
  1. 製品仕様:
    本体サイズ:縦115mm×横100mm幅45mm、重量 :153g、LEDライト:8個
    センサー距離:10-26フィート(約3m-8m)、点灯モード:三種類
    コンクリートプラグx 1、木ネジx 1英語取扱説明書x 1
  2. 三つの知能モード:
    人感センサーと明暗センサーを搭載!
    三つの知能モード:常時点灯ライトモード、DIMモード、強い光センサモードがあります。
    ・常時点灯ライトモード:暗くなると、自動点灯し、蓄積した電力が切れるまで強く明るい光を提供してくれます。
    ・DIMモード:暗くなるとライトは薄暗く自動点灯しますが、人が近づくとセンサー感知でライトが 明るくなり、強点灯(15秒)します。
    ・強い光センサーモード:普段は消灯しており、人が近づいて来ると強い光で15秒光り、自動的にオフにします。
  3. 明るさ:
    LEDライトを他社製品より多い8個搭載し、ソーラーパネルの効率化を図ることで、より明るく照らすことができます。
    また、照明の範囲も広くなり、照明時間も大幅にUPさせました。
  4. より良い耐熱性、防水性:
    密閉ループを追加し、防水性と耐熱性を向上させています。
  5. 広くなったセンサー範囲:
    サーボールヘッドを大きくし、センサー距離も他社製品より長い26フィート(8m)を実現しています。

「ソーラーセンサーライト」には、やはり”当たり外れ”があって、ネットの世界ではカッコや見栄えが良くても、肝心の”光量が少ない!”といった製品がゴマンとあります。
私も2回目の取替え時には失敗しました。(センサーの反応がイマイチだったんですよね)

今回選んだものは”当たり”でしたね。と言うか、2年ほど前のと比べて、センサー角度の広さや光量、連続点灯時間がものすごく機能UPされているので、同じ「ソーラーセンサーライト」とは思えないほどです。

初めにこの製品を試して驚いたのが、人感センサーの反応の鋭さとそのまぶしい明るさです。(猫が通っても反応するほどです)
取説では、高さ8mまで強い光が届くと書いていましたが、まさにそのとおりでしたね。

ちなみにこんな感じで取り付ける予定です。
1つは敷地の入り口付近をカバーするために鉄柱(高さ3mの位置)に括りつけ、もう1つはカーポートの支柱に括りつけて、正面からの侵入をカバーしています。


290314solar1T.jpg

まだ位置決めの段階なので、マグネット形式のフックに付けているだけですが、今夜、位置を確定させたらアルミの結束バンド(黒色)で固定する予定です。

ここで、”何で2個も付けるの?”ってことですが、どのセンサーライトもそうですが、人感センサーには上下左右に反応する角度があるので、すべての反応エリアをカバーするために、家の側面用と正面用の2個付けているのです。
(2個あればほとんどのエリアをカバーできます)


からくり屋敷!間違った 「センサーライト」の使い方!

私のセンサーライト交換はこれで3回目ですが、3回取り替えて何となく分かったことがあります。それは、

”センサーライトは目立たせて設置するものではない!”

これは一度失態を犯して分かったこと。
なぜか道を歩く人にセンサーが反応(誤作動)してしまって、そこを通る人が逆に家の中まで観察するようになってしまったんです。
それに、ご近所さんに”仰々しい家ですね!”と言われたこともありました。

空き巣対策としてやっていたことが、逆に前を通る人に家の中(敷地)を観察されるようでは本末転倒です。

防犯カメラは、玄関先などに”目立たせる”ことで威嚇効果を最大限発揮するものなので、これはこれで正しいのですが、センサーライトは人を感知すると必ず点灯するものなので、かえって目立たなく設置しておいて、不意を付いて点灯させた方が威嚇効果が大きいのです。

隠し技ではありませんが、泥棒が家の防犯カメラを搔い潜って庭に侵入したとしても、目立たないセンサーライトが突然点灯したとなると、泥棒も慌てるでしょう。

それに、センサーライトが設置してあるのが分かると、人感センサーエリア外から侵入されるかも知れないですし、別の箇所から狙われる可能性も出てきます。

そう、一見、防犯設備がないと見せ掛ける”からくり屋敷”、”騙まし討ち”みたいな対策をした方が効果的だし、ご近所さんや通行人にも変な目で見られないで済むのだと思うようになりました。
(これ大事なことですよ!防犯設備を良く思わない人はどこにでもいますから)


用途・目的別「センサーライト」の種類と選ぶコツ!

センサーライトは、使い方や物にも寄りますが、ソーラー方式であれば寿命は約2年です。
価格帯は、1個当たり1,500円程度のものが主流になりますが、今、こうして届いたものを使ってみても、価格が高ければ高性能!というわけでもなさそうです。
(以前は3,500円と1,500円程度の物を使っていました)

「センサーライト」を選ぶコツですが、まずは”センサーライトの発光色!”
センサーライトの発光色には、「白色LED(青白い白)」と「ハロゲン(オレンジ色)」がありますが、家の玄関先に付けるのなら断然、「白色LED」の方が効果があります。

「白色LED」は、発光自体が強く冷たい感じの明るさです。
ハロゲンに比べて眩しいので、暗闇で突然、広範囲に青白く光ると、取り付けた私でさえ驚きます。(分かっていても毎回驚きます)

ハロゲンは、逆に白熱球みたいな柔らかい色で、「白色LED」に比べると明かり自体はそんなに強くはありません。

今は勝手口の方に付けてますが、それは、点灯してもお隣さんを驚かせないための配慮と、勝手口から夜にゴミをまとめて出しておくときの作業が、白色LEDよりやわらかい明かりなのでやりやすいといった理由です。

ちなみに「ハロゲン」は、←こういった感じの発光色で、「白色LED」は、この記事の一番上の画像のような発光色です。

さすがに3回目となると分かりますが、「白色LED(青白い白)」は、その明かりで”作業する”といったものには絶対向きません。

光は強いですが、白色なので距離感が良くわからないし、地面近くの明るさも、やはり「ハロゲン(オレンジ色)」の方が柔らかい明かりなので距離感が掴めるのです。
(なので勝手口に使っているのです)

「センサーライト ソーラー ムサシ RITEX 6W ハロゲン」

ただ、人を驚かせる明るさは「白色LED(青白い白)」が断然上を行きます。
それに、先ほど書いた”目立たない設置”でも、「白色LED(青白い白)」は「ハロゲン(オレンジ色)」に比べて筐体がコンパクトなので、設置しやすいのです。

私が黒色を選んだものも、設置する箇所と同系色だしコンパクトなので、パッと見に目立たないという理由からです。


「センサーライト」の使い方・選び方のまとめ!

<§.まとめ!>
センサーライトを選ぶなら、断然、電源の心配のない「ソーラータイプ」がおすすめです。
約2年間も使えるし、それに2年もすれば筐体自体も日光で色褪せてきますし、みすぼらしくもなります。

価格が高いものは必要ありません!2年サイクルで買い換えた方がかえってお得です。


「MPOW 8LED ソーラーセンサーライトワイヤレス人感センサー」
  • 「ソーラーセンサーライト」は2年が寿命!
  • センサーライトは2年前と比べて機能がUPしている。
  • センサーライトは目立たせて設置するものではない。
    その方が威嚇効果が高い!
  • 価格が高ければ高性能!というわけでもない。
    最多価格帯の1,500円程度が妥当!
  • 「白色LED(青白い白)」と「ハロゲン(オレンジ色)」は用途によって選ぶ!
    玄関先には「白色LED(青白い白)」が効果的!

いかがでしょうか?上記が3回目の取替えで分かったことです。
ソーラーセンサーライトは、あくまで”2年間だけの使い捨て!”という考えで、毎回、新しいものに交換することで、新しい機能を使い続けられるのもメリットのひとつです。

ちなみに私は、「楽天市場」で2個セット、2,980円(税込み・送料無料)で購入しました。(1個だと1,660円でした)
参考になさって下さい。


<スポンサーリンク>

セコム_料金
ホームセキュリティはセコム
綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】
アルソックのホームセキュリティ


世界最小!幅2cmのキューブタイプ「低価格マイクロビデオカメラ」の利用シーン!


前回、このブログで1,600円で購入した「マイクロビデオカメラ(DV)」が、どの程度の能力を持っているのか?使えるのか?という記事を書いています。

私が以前購入したのは、家の防犯対策やドライブレコーダーにも使える「マイクロビデオカメラ(DV)」で、サイズは5cm×2cm×2cm程度のものでしたが、実際試したところ、そんじょそこらのウン万円する防犯カメラと遜色のない能力に大喜びした記憶があります。

購入した段階では、格安DVの中で”世界最小コンパクト!”と喜んでいましたが、最近、上の画像のような、さらに小さい2cm×2cm×2cmのキューブ型の「マイクロビデオカメラ(DV)」が5,000円もしない値段で売られていました。(静止画撮影も可能)

しかも赤外線ライトが付いているので、夜間でもバッチリ撮影できる機能も搭載しているというのですから驚きの一言です。(この機能は普通の防犯カメラの上を行くものです)

こんな小さなキューブ型の「マイクロビデオカメラ(DV)」ですが、レジャーや街散策など色々なシーンで使えそうですが、家の防犯対策にも十分使えそうな感じがします。


最新型「ホームセキュリティ」に加入したくなるその理由と利用者が抱える裏事情!


前回の記事では、これから新生活を始めようとする方の新居選びのポイントとして、”防犯設備の充実”も選択肢のひとつであるということを書いています。

新居選びは、賃貸住宅であれば、家賃や周辺環境にばかり気を取られがちですが、ひとつ目先を変えて、ある程度の防犯設備が整った住居に住むことで、”お金には代えられない安心感が得られる”といった内容の記事です。

前回記事:
「防犯に強い賃貸住宅の見分け方!~賃貸契約前にチェックする7つの着目ポイント!」

今回はその記事の続きになりますが、
新たに一戸建て住宅や分譲マンションを購入された方、新居に住んで間もない方は、これからの新生活が、ただうれしいだけではなく、セキュリティ上の悩みもあるという内容です。

うれしい反面、転居先での治安の良し悪しや、住む家のセキュリティ上の悩みも同時に抱えて、ある意味”重要な選択を迫られている”といったものです。

新居生活はうれしいはずですが、新規住宅への移転にはいろいろと悩み事もあるようです。


関連記事
関連記事
関連記事

セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】