ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

  〆空き巣やストーカーなどの防犯対策ができずに困っていませんか?

PC今や年間5万件にまで達している「空き巣被害」!
その手口も年々巧妙化しており、今まで安全だった防犯対策も徐々にその効果が薄れ始めています。

それでも”自分の家は大丈夫!!”・・・
そう自信を持って言ってた方の4人に1人が、何らかの「空き巣被害」に遭っている事実をご存知でしょうか?

このブログは、頻繁に起こる「空き巣被害」から家の安全を100%守るポイントを紹介するものです。
”防犯強化”の3つのポイントさえ抑えれば、家は必ず「空き巣」に強い家に生まれ変わります。

  Point.1:”防犯対策”の基礎知識!

■1.⇒「防犯対策」の基本は、侵入犯罪の発生状況、検挙率を知ることから!
PC

防犯対策の基本は、”どんな犯罪が起きているのか、その検挙率はどのくらいなのか”を知って、初めて自分の家の防犯上の弱点が分ります。


■2.⇒侵入犯罪の発生場所と手口を調べてみる!!
PC

窃盗犯罪や検挙率が分かれば犯罪傾向が掴めます。さらに”どんな手口で犯行に及ぶのか”を知れば、防犯強化対象を絞り込みやすくなります!


■3.⇒「空き巣」に狙われる家は存在する!
PC

「空き巣」が好む家は、生活環境、行動が見え見えで無防備な家に多い。
自分の家の生活環境と行動を比べて見て、見直すところを絞り込めます!


■4.⇒逆に空き巣に嫌われる家もある。その家の特徴は?
PC

「空き巣」に嫌われる家は、犯行に時間が掛かる家です。自分でできる防犯対策の効果は、犯行を遅らせる大事な防犯アイテムと言えます!


■5.⇒もし「空き巣」に入られたら:その対処方法と今後の手続き

PC

もし被害に遭ったらどうすれば!!気が動転して最初は何もできませんが、
”すぐやること”と”やってはいけないこと”があります。


  Point.2:”防犯対策” 実践編

■1.⇒最優先で行う防犯対策:玄関ドアの鍵を1ドア2ロック化へ!
PC

今や常識となった玄関ドアの「1ドア2ロック」!空き巣に解錠を遅らせるものですが、今ある玄関ドアも簡単に「1ドア2ロック化」にできるのです!


■2.⇒鍵の強化対策:鍵の交換はだれでもできる!DIYで簡単にお安く交換!
PC

古い時代に製造された鍵は、巧妙になった空き巣に対して既に”防犯能力”はありません。鍵の強化は自分で簡単に安く取り替えられる時代です!



■3.⇒防犯の原点!自分でできる防犯グッズの設置と所持で空き巣を威嚇!
PC

「空き巣」が避ける防犯グッズの第2位:たった800円程度で設置した窓の補助錠です。防犯グッズは、目的に合った防犯能力で選ぶものです!



  Point.3:火災保険,ホームセキュリティ,見守りサポート加入編

■1.⇒火災保険?掛けている人といない人では損害賠償でこれだけ違う!
PC

”被害に遭ってしまった”・・・泣き寝入りでは済まされない被害額を火災保険がカバーしてくれます!保険見直しによっては家計節約も可能です!




■2.⇒守り切れない犯罪にはホームセキュリティと防犯グッズで守る!
PC

土地の立地条件が悪く死角になりやすい家は、人目に付きにくいものです。
防犯グッズとホームセキュリティの部分加入が効果的です!

セコム_料金綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】


■3.⇒子供やご高齢者の居場所をGPSで瞬時に確認できる「見守りサポート」
PC

子供や女性の一人歩きのときなど、もしもの時にボタン一つで会話ができ、警備員が駆けつけるシステムです。ご高齢の方の徘徊対策にも効果的です!

所持工具が外出先で「指定侵入工具」と見なされそうになった場合の対処方法!


「指定侵入工具」というものをご存知でしょうか?
このブログでも何度かご紹介してきましたが、平成15年9月に施行された「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」、いわゆるピッキング防止法の適用を受ける工具のことです。

この法律の施行から、警察官の勘違いで迷惑を被った方も多いのではないでしょうか?
私もまさかこの件で取調べを受けるとは思ってもみませんでした。

先日、深夜のコンビニ駐車場で、警察官にいろいろと車の中を調べられ、この「指定侵入工具」所持の疑いであれやこれや調べられました。

事なき?で終わったのですが、一般市民に対してもいろいろと疑って掛かるのは如何なものかと思いましたね。

今日は、知っておいて損はない!むやみに持ち歩くと罰せられるかも知れない「指定侵入工具」ってどんなものかをご紹介します。


  厳しくなった「指定侵入工具」の取扱い!

まず初めに、平成15年9月に施行された「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」ってどんなものか?ですが、下にこの条文の重要項目だけを抜粋したので一度ご覧下さい。

「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」

第一条  この法律は、特殊開錠用具の所持等を禁止するとともに、特定侵入行為の防止対策を推進することにより、建物に侵入して行われる犯罪の防止に資することを目的とする。
第三条  何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、特殊開錠用具を所持してはならない。
第四条  何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、指定侵入工具を隠して携帯してはならない。

<指定侵入工具とされるもの>
(1)ドライバー:先端部が平らで、その幅が0.5cm以上、かつ長さが15cm以上のもの
(2)バール:幅が二センチメートル以上、かつ長さが24cm以上のもの
(3)ドリル等電動工具:直径1cm以上の刃が附属するもの


私達が通常、家とかに所持しているもので、”「指定侵入工具」と見なされる?”ものといえば、ドライバーなどの簡単な工具です。(特殊開錠用具は鍵屋さんが使う工具)
”先端部が平ら”とあるので、マイナスドライバーに限定されているのですが、じゃ、プラスドライバーは大丈夫ってことなんでしょうかね。(笑)

これを家にストックしていて持ち出さない分には何の問題もないのですが、これを正当な理由なく”隠して携帯”すると(持ち歩くと)、罰則の対象になる可能性があるわけです。
罰則もしっかりあって、違反した場合、「1年以下の懲役」もしくは「50万円以下の罰金」が科せられます。(←捕まれば間違いなく裁判所行きです)

では、具体的にどういったものが「指定侵入工具」なのかですが、下に画像を付けてみましたのでご覧下さい。

左の画像の上の3個(バール、ドライバー、電動ドリル)がそれにあたりますが、残りの工具も警官が”あやしい!”と思えば、「指定侵入工具」にされそうなものばかりです。

正直、工具って、どんな家でも持っているだろうし、それを外に持ち出すことだって多いはずですよね。例えば、キャンプでのテント設営とか、車のちょっとした修理などでも、外に持ち出すことが多いはずです。

私もそういった理由で、工具はしっかり車に付けて(載せて)います。

左の画像が、私が常時、車に積んでいる工具(あやしいと思われたもの)ですが、上の画像と比較すると笑ってしまいますよね。

まさに上の画像の工具のほとんどがまとめられて収納されています。(笑)

ただ、笑い事ではなく、これがすべて「指定侵入工具」と言われたら、世の中のみんなが(持ち歩いたら)犯罪者になっちゃいますよね!

”じゃ、工具を車に積んでいたらまずいの?”って話になりますが、私もこの件で、警察の取調べ(現地で)を受けました。

私の場合、夜にコンビニの駐車場に車を止めていて、戻ってきたら車の進路を塞ぐようにパトカーが止められていて、案の定、車の中を隅々まで調べられました。

車中を調べるうちに、この工具を(強い口調で)指摘されたわけですが、”これは、車を維持するうえで必要なものです!”と言い切って難を逃れました。
けど、追求がすごいです。30分くらい”あーだこうーだ”説明して納得してくれましたけど。

警察官の行動も分からないわけではありません。
私の車は黒のワンボックスカーなので、自転車とか大きな荷物も一瞬で積めてしまうし、ハッチバックを締めたら密室になってしまうので、犯行車には打って付けの大きさです。
しかも、コンビニに行った時間は深夜でしたからね。

ただ、これが車だったから良かったものの、これをカバンの中に入れて持ち歩いていると、多分、本人の意図に反して、第四条の「指定侵入工具を隠して携帯してはならない」と見なされる可能性があります。

ホームセンターから工具を購入して、帰り道に持ち歩いているだけで”違反?”ってなりかねないので、そういったときは、文句やゴネることなく、”これこれこういった理由で工具をどこどこで購入し、今から家に帰るところ!”とか、”これから親戚の家の修理に向かっているところ”といった、所持目的をしっかり伝え、毅然とした態度で受け流すことが一番いい方法です。

それと警察官は、必ず目を見て話してくるので、目を逸らしたら疑われますよ!
また、警官は理由なし、容赦無しに住所、氏名、年齢を聞いて検証するので、ウソやあやふやなことを言ってはいけませんよ!
私の場合、車の犯罪歴(ないけど)まで調べられましたから。

それと特に夜は、目的もなく工具まがいな物を持ち歩くのは止めた方がいいです。
(野球道具のバットとかバンデージ用のカッターとか)
「空き巣」の大半は、みんなが寝静まった夜に犯行を起こすものですから、これだと疑われて、すぐには開放してくれませんから!

参考になさって下さい。


<スポンサーリンク>

セコム_料金
ホームセキュリティはセコム
綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】
アルソックのホームセキュリティ



ついやってしまう家の”無施錠”~アンケート調査でも被害が浮き彫りに!


6月9日は”ロック(69)の日”でしたね。
シャレにちなんで無理くりゴロ合わせで付けたような名称ですが、「我が家のカギを見直す“ロックの日”」とし、日本ロックセキュリティ協同組合が名付けたものです。

その背景には、自宅の鍵を防犯に強い鍵へ交換(ディンプル錠)して、「空き巣被害」の増加を抑えようという目的があり、そのやり方として玄関ドアの1ドア2ロック化や、インテグラル錠(ドアノブにカギが付いているもの)を独立した鍵へ交換することを推奨していますが、同時に交換したときのメリットなども組合HPで紹介されています。

ロックの日には、該当チラシの配布も行われたそうですが、こういった活動は、空き巣被害経験者の私からすれば、もっと大々的にアピールして、各家庭で防犯強化の参考にしてもらいたいものだと思います。

こういった活動による啓発もあってか、年々、空き巣被害が減少してきていますが、昔から減らないのが人為的ミスの「無施錠」です。(ダントツNO.1です)
今回は、最近行われたアンケートリサーチで、”自分の家では鍵の取扱いをどうしているか?”、”施錠は?”という問いに対して得られた回答をご紹介したいと思います。


安い防犯グッズを付けたら3日で壊れた!~失敗しない防犯グッズの選び方!!


先週このブログで、”空き巣犯罪が増えると防犯グッズも高性能になる!”と題して、窓の鍵を3重ロックのクレセント錠すると効果的!という記事を書いていますが、今回の記事はそれとは間逆で、”安い防犯グッズを選んで付けたけど3日で壊れた!”って話です。

お金との兼ね合いで何とも情けないお話ですが、正直、市販されている防犯グッズの中には、結構粗悪なものが出回っていますので、購入にあたっては、価格よりも質と信用できるショップを選んだ方が、後々損をしない買い方になる!そう痛切に感じました。


関連記事
関連記事
関連記事

セコム_料金 綜合警備保障 ホームセキュリティα 【資料請求】